読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

どんたくに学ぶ経費の上手な上げ方

「みなさぁん!!!こんちは~!!ふく%#)%=#$$%・・・でぇす!!!!」
というのは、とある神社での一幕。

 

昨日我々のブラジルパーカッションの団体もこの神社で演奏させていただいたのですが、そのステージでどこかの学校の応援団が演武を披露していました。


応援団の方の声は気合十分で、観ている我々もすごく元気づけられますね。


気合いが入りすぎて、よく聞き取れないところもありましたが、そこが逆によく、すごく熱意が伝わり心地よかったです。

 


さてさて、

この応援団がもし法人だとしたら・・・?

という、どんたくで疲れ切っている私の体で考える妄想のお話です。


応援団と言えば、黒の制服ですね。
独特の大きさで、女の子もあれを着こなしている姿は圧巻です。

さて、この制服・・・経費になるのでしょうか?

f:id:everydayrunchange:20170504083539j:plain


1.事業に必要なものは経費
応援団が法人で、応援という事業を行っている前提でのお話。
この制服は、当然「応援」に必要なものなので、経費ですね。

 

では、普通の学生が学校に通うために着る制服はどうでしょう?
仮にその学生が、何か事業を行っていて、確定申告をしているとしたら?

 

当然、これは事業と無関係なので、経費ではないですね。


プライベートのものだからです。

 

応援で使う太鼓も。


これも当然「応援」という事業に必要なので、経費。
ただ、一括で経費にできるのは、30万円未満のものに限ります。
↓参考記事↓

everydayrunchange.hatenablog.com


2.それは本当に経費から抜くべきもの??
1.のような視点で考えると、もしかすると今までは経費にしてなかったけど、経費にできるものがあったりするかもしれません。
以前お話しさせていただいた経営者の方も、結構経費にできるものを経費にしておらず、ある意味ソンをしていた・・・ということがあったりも。


例えば、

美容師さんが店内で履いている靴。


私の懇意にしている美容師さんは、この靴にお客さんがすごく興味を持ってくれているそうです。


時に、お客さんの靴を磨いたりまで(!)
いつもピカピカに磨いてるそうです。

 

ポイントは、


①店内でしか履いていない
②お客さんが興味を持っている

 

ということ。

 

そうだとしたら、これは「事業に必要なもの」と言えますよね。

 

あとは、事業に必要かどうかグレーな支出もあるでしょう。

f:id:everydayrunchange:20170504083125j:plain

このグレー部分も、仮に税務調査に入られたとして、税務署が「これはクロだよ!」と証明できない限りは、経費とて否認される理由はないのです。


だとしたら、

経費になる可能性があるものは、こちらでしっかり理由付けをして、合法的に経費にしていくという行動はすごく重要。


見直してみるとかなり節税につながることもあるものです。

 


今日はどんたくファイナル(!)

 

本当に、あのステージを通じてのみんなの一体感に学ばされるものは多くあります(!!!)

everydayrunchange.hatenablog.com