あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

責任は?個人と法人の違い。

今日は引き続き、個人と法人の違いについて、
「責任」の面から見ていきます。

責任って一言で言ってもいろいろありますよね。
学生時代の部活の「連帯責任」。
理不尽なことでグランド走らされたりしたものです(^_^;)
子育ての責任。
社長としての社員に対する責任。

…いろいろありますが、今回は債務についての責任のことを書きます(^^)

簡単に言うと、
個人事業者は「無限責任」。
法人は「有限責任」。

個人事業者は、借金作って廃業しても、取り立てからは逃れられない
ということですね。

一方、法人はそうじゃない。
責任に限りがあるわけです。

細かい話をすると、
株式会社、有限会社、合同会社、それと合資会社のうち有限責任社員
有限責任です。
合名会社、それと合資会社のうち無限責任社員
無限責任です。
同じ法人でも責任が違うんですね~。

「個人は厳しいのに、なんで法人にはそんなに甘いんだ!」

そんな声も聞こえてきそうな気がします(^_^;)

もう少し加えると、有限責任の法人は、
「出資した金額の範囲内でしか責任を負わない」
のです。
逆に言うと、出資した金額までは責任を負うわけですね。

それでも甘いですか?そんな気がしますよね!

でも、法人が債務を抱えるリスクを避けようとして、
新たなことを起こそうとしないとなると、
経済的に、活気が生まれません。
そういった事情からも、法人(一部をのぞきますが)は
有限責任なんだから、事業に専念してくれたまえ!」
ということになっているという背景もあります。

以上、債務から見た責任について、個人と法人の違いを書いてみました(^^)