あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

12月中に修理してしまえば・・・

「がり、がりがりがりぃ!」


今日は打ち合わせのため、車で移動。

停める場所が、歩道のヘリのようなところ。

何食わぬ顔で、歩道に乗り上げる。

・・・!!


がりがりがりぃ!

ぽぅわっ

ぼぅわっ

ぽぉーぅっ

 

・・・!!

 

嫌な予感・・・

 

なんと、歩道のボコっとした箇所に車を乗りあげてしまい、身動きがとれず(滝汗)

打合せ先のお客様のアドバイスの元、無事に車を移動させ、事なきを得たわけです。

 

ここで思うのが、この部分の修理。
多少なりともキズになっているわけですので、修理をすることも選択肢として考えますね。


どうせ修理するなら、12月中にやってしまいましょうか?

個人事業主は12月が締めなので、上げられる経費はしっかり上げたいものです。

 

12月中に修理が終われば、立派な経費。

ただ、車にはプライベート分も含まれるため、全て経費とはいきませんが。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

例えば、その人の税額(所得税と住民税の合計)が30%だったとしましょう。

 

すると、仮に修理代が10万円だったとしても、30%・・・つまり、3万円は税金が浮くわけですので、実質7万円で修理できたことになります。


還元率30%のものなどそうそうないですね。


クレジットでこんなに還元率があったら、まず夢かどうかから疑うレベルのものです。

f:id:everydayrunchange:20171215232114p:plain

なにはともあれ。12月は個人事業主の締め月。

 

どうしても必要で、前倒しできる経費は積極的に12月中に使っていきたいものですね。

 

ただ、次の点に注意が必要。

 

経費は次のタイミングでないと、その期の経費として認められないわけです。

 

・モノ・・・引き渡した(つまり納品した)日
・サービス・・・そのサービスの提供が完了した日

 

車の修理は、形のないサービス業なので、修理が終わった際に経費として計上されます。

 

12月中に修理が終わってないものは、たとえお金を支払ったとしても、今年の経費にできませんので注意が必要です。

 


我が家では、美味しいそうなものを買いだめしたりする習慣が。

買いすぎて、管理しきれず、大変申し訳ないことなのですが、食材がお蔵入りしてしまうことも(謝)

 

ちなみにこのような場合、使えないものは廃棄損として、損失・・・つまり経費として落とせます。
もちろん、食品関係の仕事をしている場合ですが。(我が家では関係ナシです(汗))

 


いつか私が、旦那や父親として廃棄損とならないように、しっかりとコビを売り続けることにします。