あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

車の経費・・・賢く計上できてますか(?)

「こすらないように(!)」


我が家にもついに車が。
昨日は待ちに待ったセレナの納車日。
乗りなれない少し大きなサイズに戸惑いながらも、妻も子どもももちろん私も気分はウキウキ♪

車・・・やはり大きな投資ですね。

 

今日は車に関する経費について見ていくことにします。

 


1.車の経費って・・・

 

車の経費と言って、何が思い浮かぶでしょう??
ガソリン代、修理代、車検代、自動車税自賠責保険料、自動車保険料・・・いろいろありますね。

f:id:everydayrunchange:20170603121823p:plain


2.大きいのは減価償却

 

忘れてはならない大きな経費が減価償却費。
単価が30万円以上のものは、一度に経費にできず、いったん「資産」と考えて、少しずつ「減価償却」という手続きを通じて「減価償却費」として経費にしていきます。

 


3.定率法を取れば、初年度でガッツリ節税

 

例えば、300万円の車を買ったとしましょう。
先に述べたように、この300万が一度には経費とならない。
ただ、一度にはならないだけで、分割して経費になっていきます。


↓参考記事↓

everydayrunchange.hatenablog.com

 

また、個人事業主は毎期均等に経費(減価償却費)を計上する「定額法」で計算するのが基本ですが、税務署へ届け出ることにより、最初数年減価償却費が多めに計上できる「定率法」を選択することができます。


↓参考記事↓

everydayrunchange.hatenablog.com

 


4.私の経費は・・・

 

私も個人事業主であるため、当然のことながらプライベートでも車を使用します。
この場合、プライベート部分を抜いて経費を計上することに。
私の場合、どの位がプライベート部分でしょう?

 

大まかに平日はほぼ仕事で車を使用する。
一方土日はほぼプライベートで使用する。

 

あくまでもザックリですが、こうなると、週7日のうち週2日がプライベートとしての使用となりますね。
となると、逆に週7日のうち週5日・・・つまり5/7が事業用として経費と考えることができるでしょう。

 

私がお客様にご提案させていただいているのは、変則的な場合を除き、ほぼこの5/7を経費として計上する方法です。

 

まぁ合理的ですよね。

車を取り巻くすべての経費にこの割合が使えますので、しっかり意識して経費計上したいものです。

 

 

 

セレナは制御装置が優れており、障害物の直前で危険を察知してブレーキをかけてくれます。

 


私の場合、危ない方に進みそうになったら妻が制御装置として、激しく私を止めてくれます。

 

 

 


安心して冒険していきたいものです。