読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

自家用車も経費で落とせる??

我が家にも近いうちにマイカーか?


3人目の子どもが産まれ、レンタカー代がハンパないです・・・
チャイルドシートが2台、ベビーシートが1台で計3台。
チャイルドシートが2台だった頃は5人乗りの車でよかったのが、大きなシートが3台ともなると、7人乗りの車をレンタルせざるを得ません。


今まで高くて7千円程度だったのが、1万2千円ほどに跳ね上がります。
さすがに1万を超えるとかなりのダメージです。(気持ち的にも・・・)

そこで車を購入(!)と決めたわけですが、この車は仕事用にも使う予定です。
このようなケース。
経費はどうなるのでしょうか。

 

f:id:everydayrunchange:20170419151738j:plain


1.法人はゼロか100か
法人で車を買えば、当然のことながら法人名義。
法人名義となった時点で、法人の持ち物ですね。
法人の持ち物なので、車関係の経費は全て経費として認められます。

 


2.個人事業では?
個人事業で使う車となりますので、この場合は個人名義。
個人名義ということは、プライベートと事業とが混合している状況。
この場合、法人と同じように経費がゼロか100かになるのでしょうか。
結論として、ゼロか100かではなく「事業で使用している部分」のみが経費となります。

 


3.使用している部分って?
どの程度事業で使用しているかということはかなり曖昧。
これを明確に、ということ自体が困難なことと言えるでしょう。
結構取り入れられている割合として、7分の5というものがあります。
週7日のうち、平日の5日間だけ事業として使用しているというわけですね。
迷ったらこれを参考にするとよいかと思います。

 


4.車両関係の経費がこの割合で経費に
車両関係の経費といえば、ガソリン代・車検代・自動車税・修理代・自動車保険料・・・いろいろありますね。
原則として、これら車両関係の経費は全て上記3.で決めた割合で経費に落としていきます。

 


5.減価償却費も
意外とみなさんやっていないのが、自家用車を個人事業の資産として計上するということ。
個人事業であってもお金を出して車を買っているため、その買った金額を資産として上げて、減価償却費で落としていくことができます。


これから独立される方で、既にマイカーを持っている人は、今市場に出回っている自家用車の値段(これを時価といいます。)をもって、資産として計上することもできます。

 


車の経費は、年間を通じると結構高額になってくるもの。
しっかり上げられる経費はしっかり計上して、節税に取り組みましょう(!)

 

5人乗りのレンタカーでも

妻に「チャイルドシートの間に入ってもらえば・・・」

なんてことは言えないですかねー??

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

ですよね。