読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

個人への支払は要注意

「なんもわかっとらん!」
年に一度の親戚の集まり。
親戚が一堂に会するともなると、なんとも不条理な人がたまにいるものです。

このおいちゃんにお茶を出す時は、必ず梅干しも一緒に・・・というわけのわからないルールが。

とりあえず、言われた通りしとこ・・・
ビクビクしながら過ごしていた小学校のぽっちゃり時代。


税務においても、梅干しのようにちょっと一つ加えないといけないことがあります。
今日はそんなちょっと一つである、源泉徴収についてのお話です。

 


1.個人への支払は要注意

法人が個人に報酬などを支払う時は、場合によって源泉徴収しないといけないことがあります。
源泉徴収というのは、給料から源泉所得税が引かれるのと同じように、報酬からも同じく源泉徴収すべきというもの。

相手先が支払う所得税の立替払いですね。

税務署としては、相手先である個人からとりっぱぐれのないようにしたいわけです。
例えば、原稿作成料や翻訳料、デザイン料など、少し特殊な報酬の支払の際にこういうルールが出てきます。

 


2.具体的には?
一番多いのが、税理士など士業への報酬ではないでしょうか。
その他に、国税庁が「これに当たれば源泉徴収を!」ということでお達しを出しています。
(参考↓)

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2013/pdf/07.pdf

 

 

このように、個人への支払がある際は十分に注意しておきたいものです。

税務に限らず、おいちゃんにも・・・