あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

備えまくって憂うべからず

今日納期の仕事があるのに、突発的な電話がかかってきた。

なんてこと、ありませんか?

f:id:everydayrunchange:20161107223357j:plain


逆に、ずいぶん前から資料を渡していたのに、得意先が締切直前に連絡をしてきてあたふた・・・
後者であれば、迷惑を被るのは我が身ですが、前者でもし今日納期の仕事が終わらないとなれば、相手のご迷惑となってしまいます。

 

かくいう私もですが、今日急に妻の体調が悪くなり、妻が一週間自宅での絶対安静を余儀なくされています。
妻が自宅で・・・ということは、保育園の送り迎えや食事の準備など、すべて一人でこなさなければなりません。

 

そこで問題となるのが、仕事。


幸いにも前倒しで進めていたため、一週間仕事を早く切り上げたとしてもなんとか乗り切れそうです。

 

先日参加した時間管理のセミナーでも、時間の30%は空けておくべき、とのことを言われました。
単純に一日8時間働くとしたら、2時間ちょっと位はフリーにしておくべきということです。
結構ハードル高いですよね。2時間の仕事時間カットってなかなかのものです。

 

でも逆に時間がなくなると締切効果が働いて、集中力が増すことも。

 

①時間の30%カット

②仕事の前倒し

 

この2つは、私が仕事をしていくにあたり、すごく大事にしているポイント。

 

残業が多いとか、無駄な行動が多い、納期に間に合わない、などという慢性的な問題を抱えている方は、ぜひ①の30%カットで予定を立て、②できる仕事は効率よく前倒しで進めていくことをオススメします。

 

今日のご飯は味付けにこだわりすぎ、今の経済のようななんだかしょっぱいものに・・・

トホホ・・・