あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

【グレーな経費】…しっかり理解していますか?

【本日の活動】

・顧問先とのご面談2件

・明日のご面談準備

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 



■ここ最近、ご面談が相次ぎます。

 しっかりと準備をして有意義な時間を
 提供させていただくべく、
 準備を取り組んでまいります。

 さて、これまで税理士として
 200人を超える経営者の方々と
 関わらせていただいたのですが、

 経営者のタイプを税理士的な視点で
 見てみると、
 大きく2つに分かれるように思います。


■まず第一に、
 
 【超節税思考の経営者】。

 次に、

 【経営拡大志向の経営者】。

 簡単に言うと、

 前者はとにかく税金を払うことが
 ないように進めていきたいタイプ。

 一方後者は、多少税金を払っても、
 経営が拡大していく方向性を 
 選択していくタイプ。

 パッと読んでみて、
 あなたはどちらのタイプでしょうか。

 今回は前者のことをピックアップして
 お話を進めていきたいと思います。


■経営を拡大していくにあたっては、
 どうしても資金が必要。

 資金は経営においての血液である
 ということは以前の記事でも
 述べさせていただいたのですが、

 この資金を調達していく活動は
 経営を拡大していくにあたって
 必要不可欠と言えます。

 その手段の一つとして、
 金融機関からの融資を調達すること。

 そしてこの融資を調達するには、
 企業の信用力が必要。

 その信用力の源はというと、
 利益が出る体質であり、
 きちんと納税をしているかどうかという点
 であると言えます。

 とは言え、
 必ずしも資金が必要かといえば、
 そうでもないケースが。

 そのような場合、
 前者のような思考に入っていく
 というわけです。

 つまり、税金を払っても
 意味がないのだから、
 何とかして支払う税金を少なくしたい、
 という思考ですね。

 そのような気持ちは、
 私も経営者として税金を払う身で
 あるため痛いほどわかります。
 (ちなみに私は、経営拡大志向であるため、
 税金は上手に払っていきたいと
 考えている方です。)


■よくグレーの経費ということが
 問題視されるのですが、

 グレーの経費の定義を明確にして
 おかないと、
 誤った方向に進んでしまうことに。

 グレーの経費とはすなわち、

 【事業に必要な経費なのか、
 はたまたプライベートの経費なのか、
 その線引きが極めて難しいもの】

 というのが私なりの定義です。

 例えば、セミナーをするために
 スーツを新調した、
 といったことが挙げられるでしょう。

 スーツは仕事のために着るものですので、
 経費にしたいもの。

 とは言え、
 プライベートにおいてもスーツを着る
 ことがあるとすれば、
 これは判断に迷いますよね。

 (スーツに関しては、
 プライベートでも着ることができる
 という理由から、なかなか税務調査には
 通りにくいという実態がありますが…)


■一方、自分の家用に買ったテレビを、
 職場のテレビを買ったことにしよう!
 と考えたとしましょう。

 このケースはいかがでしょうか。

 前者と並べてみると明らかなのですが、
 これはグレーではなく

 【完全にブラック】

 ですよね。

 【法的にアウト】

 ということです。

 そう法律の視点から見てアウト…
 つまり、厳しい言い方をするならば、
 
 【脱法行為】
 
 になってしまうわけです。

 我々税理士にこのような相談を
 持ちかけられたとしても、
 全くもって首を縦に振ることができない
 ということ。

 考えてもみるとわかることなのですが、
 そもそも何のための税理士か
 ということですよね(汗)。

 ブラックなものを経費にして
 申告するのが税理士の仕事ではない
 
 のです。


■少し面白くない話なのですが、
 税理士の仕事と言えば、
 
 税務署と経営者の真ん中に立って、
 合法的に納める税金を少なくして
 差し上げるということ。

 (正確には、1円たりとも
 税金の納めすぎがあったり、
 税金の納め漏れがあったりしないように
 することです。)


■グレーの経費という定義が、
 経営者の中であいまいであるため、
 どうしても後者のようなブラックものを
 経費化しようとしてしまうことが
 少なからずあります。

 そもそも、完全にプライベートなものを
 事業の経費にしようとすること自体、

 理念を掲げて経営していこうとする
 経営者の立場からして、
 少し残念なように思ってしまいます。

 もし、スタッフや取引先に
 このようなことを知られたら
 どうでしょうか

 ということ。

 いくら崇高な経営理念を
 掲げていたとしても、
  
 やっていることがこのようなことで
 あったとするならば、

 周りからの冷たい視線は
 避けられないでしょう。

 そして、このことに対する
 後ろめたい気持ちはずっとつきまとい、
 
 こういったマイナスの要素は
 経営にとってもやはり良い方向に
 働かないもの。

 逆に、やるべきことをちゃんとやって
 正々堂々と申告をしている方が、

 経営の振り子もグン!と
 あるべき方向に動いていくことでしょう。

 

f:id:everydayrunchange:20191120214743p:plain





■今日は少し厳しい内容に
 なってしまいましたが、

 グレーの経費というものが
 極めてあいまいあるため、
 ここに書かせていただきました。

 経費として認められる可能性があるのは、
 ブラックではなく、
 
 あくまでもこの記事で定義付けをした
 グレーの経費に限ってのこと。

 経営者として、たとえ支払う税金を
 少なく抑えようと思ったとしても、

 まずは法的にクリアしている状況に
 必ず持っていかないといけません。

 そして、あなたが

 『これはどうかな…』

 と思っているものは、
 
 税務調査官もきっと同じように
 感じるはず。

 今一度自らを俯瞰してみて、
 経費のあり方を考えてみるのも
 必要なことかもしれません。