あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

架空在庫で利益を増やす・・?

「うわっぷ!!」


週末は子どもたちとの入浴タイム♪
平日はどうしても仕事が遅いため、子どもとお風呂に入れる週末はすごく楽しみな時間です(^^)

 

「おとーしゃん、みてて。おかおつけれるよぉ~。」

 

最近長女が保育園でプールに入っていて、顔を水につける練習をしている様子。

お風呂でもこの練習を見せたいんでしょうね。

 

私が湯船につかると水かさが増します。
これがすごく楽しい様で、長女はいつも催促。

 

勢いよくボンっと入ると、ボコっとお湯が増えます。

少し驚く様子もかわいいものです(^^)

 

水かさが増す。

 

水増し。

 

とあるものを水増ししてませんか・・・?

少しコワイ利益のことについて見ていくことにします。

 

 

1.利益を上げるには

 

金融機関からの融資を受けるには、決算書で利益が出ている必要があるでしょう。
事業にはどうしても融資が必要な場面があるもの。
・・・利益を増やしたいという悩みはつきものですよね。

俗にいう「粉飾」(利益を多く見せること)をするには、次の手口が挙げられます。


 ① 売上を増やす
   架空の売掛金を計上して、売上の見た目を増やす、という手口。

 ② 経費を減らす
   使っている経費を、いったん「仮払金」として置いておく。
   見た目の経費は減りますね。
 
 ③ 在庫を増やす
   在庫を増やすと利益が出ます。
   ・・・これにハマってしまう会社が実に多い。

 


2.在庫を増やすと利益が?

 

商品を仕入れて、その商品を売り上げる。
このことによって、初めてこの商品から利益が生まれます。
つまり、仕入と売上が一体になって初めて生まれる利益。

逆を言うと、売上と仕入が独り立ちする状況はないわけですね。

 

仕入れたにもかかわらず、まだ売れていないものが在庫となります。

仮に、100円で仕入れた商品が売れ残ったとしましょう。
この100円の商品はまだ売れてないわけですので、仕入と考えてはいけないわけですね。

すると、この100円を仕入から抜く必要があります。
これが【在庫】なのです。

仕入という経費の科目が、「棚卸資産」(つまり【在庫】)という資産の科目になり、その分利益が増えます。

 

 

3.架空在庫の計上

 

上記2.のカラクリでいくと、実際は存在しない在庫を水増しすることによって、仕入という経費が減る・・・つまり利益が出るわけです。


ただ、翌期はこれがいったん全部仕入に振り替えられます。
そして翌期末にはまた同じ状況に。
また架空在庫を計上しないと、今度は大幅な損失になります。
なので、やむを得ずまた架空在庫を計上・・・
なにかの中毒であるかの如く、これが延々と繰り返されます・・・

 

どこかで調整をしたら、必ずどこかで反動が出てきます。
そんなもんですね・・・

f:id:everydayrunchange:20170728193348p:plain

 

 


最近、長女が壁に立てかけてあるマットレスに体当たりして、跳ね返る気持ちよさを感じてます。

 

とある日、何を思ったのか全力疾走で体当たり(!)

 

見事にマットレスの反発にあり、跳ね返され転ぶ。

 

長女号泣。

 

結局は、そういうことですね・・・