読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

経費の1つ「費用」の3要件

税務

前回に引き続き、今日は経費の2種類目。
「費用」についてお伝えします。

 

1.費用って?
費用って経費じゃないの?
というように、「経費=費用」というようなイメージが強いものではないでしょうか?

実は、費用というのは経費の一項目に過ぎないのです。
【原価】と明日見ていく【損失】以外のものが【費用】となります。

 

2.費用になるには条件がある
この「費用」となって、当期の経費と落とすことができるようになるためには、要件があります。
具体的には、


 ① 相手との間で支払いの承諾がされていること。
 ② 当期末までにモノの引渡し又はサービスを受け終わっていること。
 ③ 金額がハッキリしていること。


という3つの要件が全て揃えば、晴れて【費用】として認定(!)
経費として落とせるようになるわけです。

f:id:everydayrunchange:20170109180203j:plain

3.支払いの承諾って?
正式には「債務の成立」という表現となります。
具体的に言うと、相手との契約がハッキリ交わされているような状態ですね。
請求書が発行されていれば、これが明確(承諾されている)と言えます。

 

4.モノの引渡しとサービス提供の完了
これは、当期末までに相手からの商品納品又はサービスの提供がしっかり終わっていることですね。
これを満たさなければ、「費用」となりません。


例えば、2017年3月決算の会社で2017年1月に「2017年1月分から2017年6月分」の講座の受講料を60万払ったとしましょう。
すると、当期の経費(費用)となるのは、60万円×3月/6月=30万円。
2017年1月分から3月分までの3ヶ月分である30万円が当期の経費(費用)となるわけです。

 

5.金額がハッキリしていること
債務が成立していて、サービスが終わっていたとしても、金額が明確でなければ「費用」にはできません。
まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですね。


このように、経費には【原価】・【費用】・【損失】の3つがある。
さらに【費用】の「要件」として、3つを満たさなければならない。

 

ややこしいけど、すごく重要なこと。
しっかり押さえておきたいものです。

 

意中の人のハートを射るためには、

 ① 意中の人(的)

 ② 思い切る心(弓)

 ③ 相手に刺さるコトバ(矢)

の3つが必須です。

f:id:everydayrunchange:20170109175953j:plain

これと同じですね。

 

 

・・・少し疲れているようなので、今日は少し早めに寝ることにします。