あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

「税引き前」っていったい?

保育園の手続きで証明書を出す時期が近づいてきました。

この証明書をチラッとみると、税引き前の給料を書いてね、という欄があります。
なんだろ?税引き前って・・・

f:id:everydayrunchange:20161221060738j:plain

税務の世界では、同じ呼び方だけど意味が違うものがあります。
その一つとして取り上げられるのがこの【税引き前】。

 

1.法人税では?
法人税の【税引き前】は法人税などを計算する前の最終的な利益の金額
この数字を基に法人税が計算されます。

 

2.消費税は?
これは「税抜」と同じことですね。
19,980円(!)などと言われながらも、実際は19,980円×1.08=21,578円だった(!)などということはよくあります。
セールスをする上の「錯覚」としてよく使われますね。

 

3.給料でも

給料でも「税引き前」というお話があります。
これは、所得税や住民税、社会保険料を引く前の給料収入のこと。
要は、給料の総額のことですね。

 

税引き前は読んで字のごとく、税を引く前のことではありますが、こんなややこしい側面もあります。

 

ちなみに消費税の話で、税抜経理だと、税込105,840円のものが98,000円となります。

税務調査ではケタが変わるとその数字に目が行きやすい・・・

税抜経理だと、セールスの話ではありませんが、こんな見えないメリット(?)も。

f:id:everydayrunchange:20161221060814p:plain

 

今回は雑学として・・・