あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

車を買うなら?個人と法人の違い。

「節税対策で車を買った、買い換えた!」
などという話をよく聞きます。

この話も実は、個人事業者と法人では取り扱いが異なってきます。

そもそも、個人事業者と法人は、
同じ「事業者」でありながら、土台が異なっています。

 

個人事業者は、事業者である反面、
「個人」という側面を持っています。
「個人」ということは、プライベートの側面も
併せ持っているということです。

 

一方、法人はどうでしょう?
法人は何のために存在するのか?という問いは、
学術的にも諸説ありますので、ここでは語り尽くせませんが、
一つ言えることは、
「法人は事業を行うために存在している」
ということでしょう。


つまり、

法人にはプライベートとしての側面は一切ない

訳です。

 

これを車のことで考えると、
「その車が事業に必要かどうか」
によって、経費にできるかが判断されるということです。
話は簡単ですね。

 

ややこしいのは、個人事業者です。
なんせ、プライベートが関わってくるのですから。


このプライベート部分のことを、
税務や会計の世界では、
「家事関連費」、「自己否認部分」などと言ったりします。

 

要は、プライベート部分は除いたものを経費にして下さいね、
ということなのです。


・・・では、このプライベート部分、どうやって出しましょう?
難しいですよね。

 

税務的にも明文規定はなく、
合理的であれば、特に問題はありません。
本当にざっくりと、
「大体7割だろう!」
とされている方、
「平日のみ使ってるから、5日/7日(5÷7)を経費にしよう」
とされている方、
いろいろいらっしゃいます。

 

また、車の購入は、買った金額全額がその年(法人であればその期)
の経費にはなりません。
基本的に10万円以上のものは、
「資産」として帳簿に上げて、
決められた耐用年数で、減価償却することにより経費としていきます。

 

車ってずっと使うものですよね?


税務の世界では
「新車なら大体6年位使うだろう」
ということで、耐用年数を6年とし、6年かけて経費化していくわけです。

だるま落としを毎年1段ずつハンマーで壊していくようなイメージです。
その壊した部分がその年・その期の経費となります。


定額法や定率法の違いなんかの話もあったりしますが、
ざっくりとしたイメージで捉えてくださいね。

 

法人なら、このハンマーで壊した部分がまるまる経費になってくるわけですが、
個人事業者は上でも書かせていただいているように、
このうちプライベート部分は抜かないといけません。

例えば、300万円の車で耐用年数が6年だとすると、
300万円÷6年=50万円
・・・50万円がその年、その期の減価償却費(経費)なのですが、
法人ならこの50万円全額が経費
個人事業者で、車のプライベート部分が30%あったとすると、
残りの70%、つまり50万円×70%=35万円
・・・

個人事業者なら35万円だけが経費として認められるということです。