あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

税理士の顧問における【潜在的なニーズ】とは

【本日の活動】

・朝は長女と出勤&面談の準備

・昼からは東京へ

 

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所




■今日は横浜の顧問先の方との
 ご面談のため、東京へ。

 ご紹介で顧問先になっていただいた方
 なのですが、

 横浜ということで、
 最初にお話ししたのがZOOMでのこと。

 インターネットでの画面通話も良いのですが、
 やはりどこかのタイミングでお会いしないと、
 生の感覚がなかなかつかめないため、

 近いうちにお会いしたいなと
 思っていたところでした。

 直接お会いすることで、
 相手の話し方や今の状況などが分かり、
 さらに打ち解けることができるもの。

 特に、経営者として自分の財布をさらけ出す
 相手なので、
 よほどの信頼感がないと
 私だったらきついよなぁ、
 といったところ。


■こういった税理士と経営者との
 壁を取り払うことこそが、
 私の役割とも思っています。

 私自身の話となり恐縮なのですが、
 
 税理士に依頼していただく際に、
 
 「税務のことをお任せしたい」
 
 ということでご相談に見られるもの。

 ただ、その裏には、

 「本当に心底信頼できる相談相手がほしい」

 とか、

 「本音で話をしたい」

 とか、

 こんなことを聞いて怒られたりは
 しないんだろうか、
 といった

 【不安の感情】

 が少なからずあるもの。

 お客様自身はこの不安の感情の存在には
 意外と気がつけておらず、

 私と対話を重ねていく中で、

 『そういえば、そういったところは心配だったな』

 ということに気づいていただけることが
 往々にしてあります。


■このような、
 お客様が抱えている潜在的なニーズを
 掘り起こして差し上げて、
 これを顕在化して差し上げると、

 お客様との信頼関係がグッ!と
 増すわけです。


 今日のご面談の中で嬉しかったのが、

 「村田さんのような税理士さんと

 出会えて本当によかったです。」

 と言っていただいたこと。

 やはり、税理士はどこかしら怖いという
 感覚があるようで、
 その不安に寄り添ってお話を聞かせていただく
 ことにより、
 安心感が生まれてくるようなのです。

f:id:everydayrunchange:20191117170044j:plain




■最後には、
 ご紹介していただいた方も含めて、
 3人でディナー。

 そんなつもりは全くなかったのですが、
 東京までわざわざご足労いただいたので、
 ということで、
 ご馳走までしていただきました。

 本当にこういったご縁をいただけて、
 心より感謝ですね。

 明日はお客様ではないのですが、
 いわゆる【同志】と一年ぶりの再会。

 せっかく来た東京。

 たくさんのことを学び、

 持って帰りたいなと思っています。