読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

従業員の士気をうまく操ることの大切さ

よく社長から聞かれる不満に、「給料払ってやってるのに、その分の仕事をしない」などというものがあります。


なぜ仕事をしないのでしょうか?と問うたら、「じっとしてても給料がもらえると思ってるからでしょ。」と。


最終的には、「社長の気持ちも考えろ。」となります。

 

・・・サラリーマンが社長の気持ちがわかるでしょうか?

f:id:everydayrunchange:20170427233846j:plain

よほどのエスパーでない限りわからない・・・

だって、経験してないんですから・・・

わかりませんよね、そりゃ・・・

 

従業員のモチベーションを上げることができていない、社長に責任があると私は考えます。

となると、従業員をヤル気にさせるように持っていくべきでしょう。


どうやったらヤル気が起こるでしょうか?

 

給料がもらえることが、サラリーマンの仕事の対価。

だとしたら、従業員にお金を払うことがベストではないでしょうか。

 

業績が上がった分、その上がり具合に応じて、従業員に決算賞与を払う。
こうすると、会社にとって決算を迎えての節税にもなる(もちろんお金は払いますが・・・)し、従業員の士気を高めることもできるでしょう。

参考記事→

everydayrunchange.hatenablog.com

 

少し勘違いをしてしまっている社長がたまにいらっしゃるので、ちょっとだけ意識の向け方を変えることをオススメします。(あくまでも私の考えです)

 


「助かる~!ありがとう!!」
という言葉を何かにつけて子どもに言うようにしています。
おそらく、自分の存在が人にとってすごく価値があるという気持ちが、子どもにとってうれしいものなのでしょう。


でもたまに、
「そんなんしよったら、オバケがくるよ(!)」などと脅しにかかってしまうことも・・・

 

よくないですね・・・
くれぐれも親としても気を付けていきたいものです。