あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

ICカードの経費、キチンと計上できてますか?

「使った時が経費です」

 

 

危うく定期券を買い損ねるとこでした。

なんと定期券の有効期限は1月3日。

期限が切れるまで放っておいたのが運の尽き。

3日に買おうとしたところ、定期券販売所はあいにく正月休み(汗)

 

がしかし、駅に設置してある券売機で買うことができることに気付き、事なきを得たわけです。

 

あいにくクレジットカードは使えず、現金払いとなりましたが。

定期券販売所でのみ、クレジットカードが使用可能なのです。

 

今日はそんな、電車の運賃についてのお話。

 

 

1.瞬時に改札

 

私が高校生の頃までは、改札に駅員さんがいて、切符を手渡しして改札してもらってたものです。

 

時はたち、今や駅員さんはいなくなりましたね。

ICカードでの改札です。

 

 

2.ICカードの仕組

 

ICカードを使おうとする時、初めて購入の際にデポジット(解約時には戻ってきます)を500-1,000円ほど取られるものの、

プリペイドカードの方式で前金を入金

②運賃の支払いの際にその前金から支払い

というのがこのICカードの仕組。

 

そして、

運賃の支払いの際は、電子データのやり取り

になり、駅員さんなど人の介在するようなことは不要ですね。

  

自動改札機にこのICカードをかざすことによって、自動的に運賃が前金から引き落とされる、という流れとなります。

 

 

3.経費はどうなる?

 

さて、このICカード

いつの時点で経費になるのでしょう?

 

考えとしては、

・前金入金(チャージ)時

・運賃支払時

のいずれかになるわけですが、

【運賃支払時】が経費となる時期

となります。

 

そして、

実際に引き落とされた(運賃を支払った)金額が経費の額

となることに。

f:id:everydayrunchange:20180108081824j:plain

よく、

チャージ時にチャージ金額を経費にしていることがあるのですが、それは誤り

ということです。

 

あくまでもチャージはただの前払いであり、実際に使用した金額が経費になる

というわけですね。

 

この原則的な考え方は、しっかり抑えておきたいものです。

 

 

 

高校時代、朝課外というものがありました。

正規の授業の前に、朝早くから一コマの授業があるというもの。

 

これが体力的にきつかったですね・・・

若いとはいえ、部活で夜も遅かったので(汗)

朝ごはんを食べる時間さえ惜しんでいたような状況で、よく利用していたのがゼリー状のエネルギー補給剤

 

一瞬にしてチャージ!

 

・・・ほどなくしてお腹がなる・・・

 

 

このタイプのエネルギー補給剤であれば、チャージ時≒消費時となるので、チャージ時に全額経費処理してもさしつかえなさそうですね(汗)