あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

動けば変わる、明日企画の座談会。

明日はお試しの座談会を企画。

そう、

やらなきゃわからないし、やると何かが変わる。

ただ、

やらないと何も変わらないことは確実。

そのことは今までの経験則でよくわかります(^^)

 

これからの経済状況を見据え、労働環境などの外的環境がどうなるかわからない未来がほぼ確実な今、

経営者のみならず、経営者でない方も何かしらの対策はしておくべき。

 

以前は、波がはるか遠くに見えていた。

ただ、今刻々と波が近づいている状況。

指を加えて見ていると、あっという間に波が迫ってきます。

 

そんな中、多くの方とお話して思うのは、

「変わらないといけないけど、どう変わったらいいかがわからない。」

ということ。

それはそうですよね。

スマホを生まれて初めて目の当たりにした人が、スマホを操れるわけはない・・・

 

そこで、明日の座談会を企画したわけで、

あえて経営者でない方をターゲットにして、みんなで考えをシェアし合い、

場合によっては自分がヒントにつながるような思考回路(コレ、結構ミソなこと!)を提供させていただきたいと思っているわけです。

f:id:everydayrunchange:20190713000532j:plain

正直どうなるかわかりません(!)

でも、これまでの自分の経験は、他の人の変われるヒントにつながる自信は大いにあります。

そして、予定調和は嫌なので、あえて何も準備してません。

(面倒なわけではありません。本当に(笑)。)

 

何が起こるか楽しみですね(^^)

またどうなったかはここで書いていきたいと思います。

 

まだお席がありますので、ご希望の方はご連絡ください!

お試しなので会費500円という超破格(!)

 

ってここで告知しても誰も来ないことはわかっていますが(汗)

アレルギーを克服した先の晴れる気ー

かゆい・・・とにかくかゆい・・・

今日になって随分体調も戻り、ようやく本格的に仕事に復帰。

かと思いきや、なぜか目のかゆみが。

何かしらのアレルギーなのか、両目が腫れて、なんとも痛々しい顔(それは元からとも言えますが・・・)。

治るのを待つしかないですね。


アレルギーと言えば、

何かやることに対してアレルギー反応(比喩的な表現ですが)が出る方がいます。

もちろん、初めてやることなので抵抗があるのでしょう。

 

かくいう私も、初めてセブンイレブン

「ナナコで♡」

と言った時はすごく緊張したものです。

「いや、花子ですけど‥」

などという店員さんの反応が返ってきたらどうしようなんて思わなかったり、思わなかったり。


ただ、一度ナナコを使うとしめたもの。

あとは、「ういぃーっす!(的な気持ち)ナナコで!」

のノリで日常化します。


これはすべてにおいて言えること。

 

あなたが今やろうとしてやれないことはどんなことでしょう?

 

やろうとする前に不安はつきもの。

ただ、やってしまうとナナコのごとく、あとはすごくラクになるはず。

 

f:id:everydayrunchange:20190711230549j:plain

 

もし、セミナーをやりたいけどやれないのであれば、超スローペースでもいいので、

☑ まずはマンツーマンで話してみる。

☑ 次に仲間内の少人数で練習してみる。

☑ 少しずつ人数を増やしていってみる。

などと、段階を踏んでベイビーステップで取り組んでみるのもいいでしょう。

これをやらない人は圧倒的に多いので、

ただやるだけで人と大きく差をつけることができるのです。


そして、この小さな成功体験を積むことが自信につながる・・・これが何より大きな効能。

この効能を感じるごとにどんどん中毒化していき、次第に周りを席巻するような行動に出ることになります。

 

今や、人通りのある街中で、独りでスマホ片手にしゃべりながら動画を撮るまでになるのです。(私ですが・・・)

あ、もちろん安全確保は最優先にしてますよ♡

 

さぁ、あなたももう一歩、小さなステップを踏み出してみませんか?

 

 

健康から変わる常識

来ました来ました。

結構がっつりした

体調不良・・・

何が原因かはわかりませんが、昨日の昼あたりから急に頭痛と発熱。

最近、仕事をため込んで無理していたせいもあったかもしれないなぁと反省です。

いやぁ、本当にこんな時に感じるのが

健康のありがたさ


普通に起きることができ、

ご飯を食べることができ、

歩くことができ、

仕事ができ、

人に会うことができ・・・

f:id:everydayrunchange:20190710210337j:plain

 

いろいろな普段の【常識】が、健康を損なった時には【非常識】となってしまいます。


今はだいぶ体調も回復しましたが、

日々に感謝の気持ちを持って、
しっかりと毎日を過ごしたいものですね。


今日は短めに(^^)

雨ならではの良さ

雨は一般的に煙たがれるもの。

ただ、この梅雨の時期の雨は避けられないですよね。

普段、近場だったら自転車で移動をしているのですが、
この雨の毎日だとそれもなかなか難しい。

移動時間にフォーカスすると、どうしてもタイムロスばかりが気にかかり、
雨が疎ましいものと思いがちなのですが、

雨だからこそ、歩いて移動できるとも考えられます。

f:id:everydayrunchange:20190709063611j:plain

雨だからあえて歩いてみる。

歩きだからこそ、以前から気になっていたお店の前を通ることができるし、

雨だからこそ、歩くことで脚の筋肉を動かすことができる。

 

何より、「あー・・・雨かぁ。」とマイナスの感情を起こしてしまうと、
気持ち自体がそのマイナスの感情に持っていかれ、その後の行動もマイナスに転じがち。

逆に、「よし!この天気だからこそ、あそこを通ってみよう!(^^)」などとプラスの感情を意識的に起こすと、
その後の行動にもプラスの波動が起こってきて、気持ちもすごく前向きになったりするもの。

 

雨には雨の良さがある。

 

あなたは、雨は好きですか?

生きた野菜の声を聞いたことあります?

決して、ホラーな話ではありません(汗)

突然ですが、

あなたが今感謝していることはどんなことでしょうか?

自分だったら、と考えると

☑ 家族の愛

☑ 子どもの存在

☑ 税理士の顧問のお客様

☑ スタッフ

☑ 学校の先生

☑ 何を差し置いても今生きていること

といったことかなぁと思います。

今日は怒涛の4回の面談というなんともハードなスケジュールだったのですが(汗)、
最後の面談はディナーでした(^^)

それも、以前から気になっていた、【身体のことを第一に考えられた】お料理を提供するお店。


こんな感じ↓

f:id:everydayrunchange:20190708230227j:plain

f:id:everydayrunchange:20190708230248j:plain

f:id:everydayrunchange:20190708230255j:plain




とにかく、全てのお料理に愛を感じるんです
おそらくこれは食べてみないとわからない。

 

なかでも感動したのが、お野菜の存在

まずサラダをいただいたのですが、その素材一つひとつのまぁおいしいこと(!)

一つひとつに【今ここに生きている】という力強い存在を感じるのです。

噛みしめるごとにその存在感は増し、食べ進めていくにつれ、
なんというか

「ありがとう」という不思議な感覚に見舞われました。

あまりに感動してお店の方にその気持ちを伝えたところ、
それはまた優しい笑顔で、食材への愛を語ってくれます。

そして、

生産者の我が子を想うがごとくの愛が、これらのお野菜に込められている

とのことでした。

本当にその通りで、まさに【愛】をいっぱいに感じるのですよ。

これは本当に食べてみないとわからない。


生産者からお料理を作る人、そしてそれを食す人。

全てにおいて一貫した愛を感じられます。

おそらくですが、このお料理にありつける人は清らかな方でしょう(勝手な憶測ですが・・・)

それほどの愛のあふれるものでした。


お仕事においてもこれは同じだと思うんです。

全ての仕事はほぼ例外なく、その先にお客様の存在があるもの。

そのお客様を本当に幸せにできているか?

ということを、絶えず自問自答すべきでしょう。

 

幸せに終わりがあるはずはなく、いくらでも突き詰められるはずですよね。

そんな想いで仕事をすると、きっと世界中の人が幸せになるんだろうなぁ、と思わされた今日のディナーでした。

 

・・・ただ、お食事の相手は同じ年代のオッサンだったのがちと残念(笑)

 

人生は、失敗からの学び・経験を経ての成功の繰り返しである

今日は次女の誕生日で、も~も~ランドという動物たちと触れ合える場へ。

こういう場で回を重ねるごとに、子どもたちの進化を目の当たりにしますね。

 

次女は、今保育園でも夢中で取り組んでいる【運てい】にまっしぐら!

自分たちのころは【さるわたり】って言ってたかなぁ。

背が届かないため、抱っこで棒に手を伸ばすわけですが、前半までは抱っこしたまま鉄棒を一つ一つ進んでいきます。

 

これを重ねる中で、

ぶらーんと反動をつけると前に進めるのでは?という話になり、早速実行!

 

するとやはり、反動に任せて一つまたひとつと進めるではあーりませんか!

そして、さらにそのあとには右左右左・・・と左右交互に上手に進めるように。

それまでは、右手を運び同じ鉄棒に左手・・・そしてまた次の鉄棒に右手を運びやはり同じ鉄棒に左手・・と繰り返していたわけですが、

反動をつけることでリズミカルに進んでいくことができることに気付いたようです。

手に豆ができようと、「そんなのかんけーねー!」という態度で運ていに臨むよしおくん・・・でなく、我が次女。

 

何度か落ち、痛い思いをしながらではありますが、そのことが逆に学びにつながり進化してきているわけです。


こういうことを目の前に見ているため、同じ空間で

「危ないよ!これはやめとこうね!」

などと、子どものチャレンジを阻害してしまう保護者の方がいると、

なんとも「もったいないなぁ」という気持ちになってしまいます。

 

失敗しながら失敗しないための経験を積んでいき、その先に花が咲くのに・・・

f:id:everydayrunchange:20190707215411j:plain

そして、そんな風に【自分の選んだ行動】を止められた子どもは、時に自分の選択に自信をなくし、「自分はダメなんだ・・・」という気持ちにもなりかねません。

 

・・・まぁ、つい口を出してしまいそうになりますけどね・・・よくわかります(^^;

 

うちは3人の子どもがいるので、自然とみんな均等に目が行き届く状態は極めて難しく、結果として(良い意味で?)放置され、強くなっていく傾向にあるようです(笑)


公園やこういった子どもたちが集う空間では、本当に大きな発見があるものですね(^^)

 

我々経営者の身としても、

【チャレンジしていく必要性】

を感じますね^^

他人を巻き込んで思考することの大切さ

この経済状況の中、自分の仕事に対する危機感を持っている人は意外と多いもの。

では、そんな状況下に置かれていながら、実際に行動している人は?というと、

残念ながらそう多くはないように見受けられます。

 

炎がまだ目に見えぬほど遠いところで起こっていることはわかる。

ただ、こちらにくるという現実感は「まだ」ない。

とは言え、延焼して「こちらに来ることは確実」ということはわかってはいるはず。

でも、まだまだ炎は遠いところの存在なので、「今すぐ」動く必要性を感じられないといったところでしょう。

 

f:id:everydayrunchange:20190705232620j:plain


これは、悪い意味での先延ばしと言えます。

ズバリ言うと、

「とっとと」準備を進めた方がいい

はずなのです。


今日のご面談でもそんな話になりました。

準備を始める段階の前に、「考える」ことも必要

もっと言えば、考え続けることが必要なのです。

きっと今の状況のままではいけないことは明白だと自覚していることでしょう。

 

では、変わるには?

残念ながら、一人ではなかなか変われない。

 

じゃあ、

他の人を頼っちゃおう!

というわけです。

 

場合によっては、自分にとっての先輩である成功者の話を聞くこともよいでしょうし、

同じように悩んでいる人たちと集うのもいいでしょう。

要は、自分の考えなんて、宇宙から見れば微生物のようにちっぽけなもの。

なるべく他の意見や考えを取り入れて、「変わる努力」をしていった方が良いでしょうね。

 

今日は2人での会話の中で、すごくいろいろなヒントが見えてきました。

ヒントをつかんだら、あとは行動するのみ!!

ファイトですっ!!!(^^)/