あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

ちょっとした意外性がポイントです。

「車づくしの日なりよ」

 

昨日のがりがり事件に続き、またプチ事件が。

everydayrunchange.hatenablog.com


車がりがりの後、命からがら事務所へ到着し、やっとこさお仕事の開始。


トイレ掃除をし、コーヒーを淹れて少し一息・・・といったところで、保育園より電話。


なにやら次女が熱を出したとのこと。


!!!


耳が痛い・・・
妻にも相談したところ、耳鼻科に行った方がよいとのことでした。

 

耳鼻科=あそこの病院

 

というのが、我々家族の中であるわけで。

がりがり事件の後、幸か不幸か珍しく車で事務所まで来ていたため、
慌てて車で保育園へ。

その時が16時半。
耳鼻科の診療終了は17:15。

 

かなりヤバい・・・

 

華麗な危ういテクニックでGoogleドライブ・・・いえいえGoodドライブをし、スムーズに保育園へ。

 

そして、まずは長女の帰りの準備を整え、三女を抱っこし、次女を迎えに行く。

 

ドラクエで仲間を引き連れて、モンスターを倒しにいくがごとく、次女の教室へ向かいます。

f:id:everydayrunchange:20171216122424j:plain

そして、表れたモンスター。

・・・でなく、いともかわいき次女ちゃん。

 

ボーっとして、やはり体がきつそう。

折れたての肩甲骨のことなど忘れ、次女を抱えて、保育園の門まで猛ダッシュ!

車に乗り込み、発車。

 

・・・いち、にぃ、さん・・・

うん、子ども3人そろってる(汗)


なんとかギリギリで間に合い、診療。

結果は中耳炎。

高熱だったものの、インフルエンザは免れたようでひと安心。


実は診療時間に1分遅れ、表には「診療終了」の札がかかっていたのですが、なんとか診療してもらえました。

 

すごくありがたいですね。

病院のスタッフの方々もすごくにこやかに迎えてくれて、本当に嬉しかったです。

 

そして、薬をもらい、エレベーターで帰ろうとしたところ、

にこやかに会釈をしてくるおじさんが。

 

!!

 

耳鼻科の先生だ!

 

「実はうちの孫も、あなたの2番目と3番目の子と同じ名前なんですよ。」
とのこと。

診療が終わったにも関わらず、こんなに温かくお話しいただいて、すごく嬉しい気持ちでした。

また、この耳鼻科に行こう。
そう思いました。

 

さて、みなさんのお仕事でもいろんな方々との交わりがあるかと思います。

 

その中で、相手の喜ぶような、興味を引くようなことが何かできていますか?

 

例えば、耳鼻科が隣同士並んでいて、一方は普通の耳鼻科でもう一方はこの優しい先生の耳鼻科だったらどっちに行くでしょう。

 

答えは明白ですね。

 

そんなことがあったため、

耳鼻科=あそこの病院

となっているわけです。

 

このように、ちょっとした意外性を持ち、相手のことを思いやることはその後の信頼にも繋がります。

何かちょっとでも、自分にしかできない差別化はありませんか?

人に温かくするなど、些細なことでも、少しの行動を起こすことがすごく大事です。

 

 

 

 


私もそのような心掛けをしており、シンクに置きっぱなしの食器を些細ながら、少しだけ洗ったりしています。

 

・・・

 

全部洗ってよ!
という妻の反発を買うわけですね。

 

 

 

 


些細な少しの行動は、やり方を間違えると某ブログのように大炎上することにもなりかねないわけです。

 

 

・・・火の用心・・・(汗)

12月中に修理してしまえば・・・

「がり、がりがりがりぃ!」


今日は打ち合わせのため、車で移動。

停める場所が、歩道のヘリのようなところ。

何食わぬ顔で、歩道に乗り上げる。

・・・!!


がりがりがりぃ!

ぽぅわっ

ぼぅわっ

ぽぉーぅっ

 

・・・!!

 

嫌な予感・・・

 

なんと、歩道のボコっとした箇所に車を乗りあげてしまい、身動きがとれず(滝汗)

打合せ先のお客様のアドバイスの元、無事に車を移動させ、事なきを得たわけです。

 

ここで思うのが、この部分の修理。
多少なりともキズになっているわけですので、修理をすることも選択肢として考えますね。


どうせ修理するなら、12月中にやってしまいましょうか?

個人事業主は12月が締めなので、上げられる経費はしっかり上げたいものです。

 

12月中に修理が終われば、立派な経費。

ただ、車にはプライベート分も含まれるため、全て経費とはいきませんが。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

例えば、その人の税額(所得税と住民税の合計)が30%だったとしましょう。

 

すると、仮に修理代が10万円だったとしても、30%・・・つまり、3万円は税金が浮くわけですので、実質7万円で修理できたことになります。


還元率30%のものなどそうそうないですね。


クレジットでこんなに還元率があったら、まず夢かどうかから疑うレベルのものです。

f:id:everydayrunchange:20171215232114p:plain

なにはともあれ。12月は個人事業主の締め月。

 

どうしても必要で、前倒しできる経費は積極的に12月中に使っていきたいものですね。

 

ただ、次の点に注意が必要。

 

経費は次のタイミングでないと、その期の経費として認められないわけです。

 

・モノ・・・引き渡した(つまり納品した)日
・サービス・・・そのサービスの提供が完了した日

 

車の修理は、形のないサービス業なので、修理が終わった際に経費として計上されます。

 

12月中に修理が終わってないものは、たとえお金を支払ったとしても、今年の経費にできませんので注意が必要です。

 


我が家では、美味しいそうなものを買いだめしたりする習慣が。

買いすぎて、管理しきれず、大変申し訳ないことなのですが、食材がお蔵入りしてしまうことも(謝)

 

ちなみにこのような場合、使えないものは廃棄損として、損失・・・つまり経費として落とせます。
もちろん、食品関係の仕事をしている場合ですが。(我が家では関係ナシです(汗))

 


いつか私が、旦那や父親として廃棄損とならないように、しっかりとコビを売り続けることにします。

ふるさと納税の裏ワザ!??

「なんにもしなくていいの?」


昨日のふるさと納税の続き。

ふるさと納税で税金の優遇を受けるには、自分で申請をしないといけないということを昨日の記事で書きました。

 

確定申告で申告する方法はわかりそうなのですが、自治体に直接申請する方法について、今日は見ていくことにします。

 

 

1.ワンストップ特例制度

 

自治体に直接申請する方法を【ワンストップ特例制度】といいます。

読んで字のごとくではありますが、手短に申請が済む方法です。

 

f:id:everydayrunchange:20171214194201j:plain

 

2.要件がある

 

このワンストップ特例制度を使うには、

 

ふるさと納税をする先が、5つの自治体まで

ふるさと納税をしないとした場合、もともと確定申告をする必要のない人

 

という2つの要件を満たす必要があります。

 

 

3.申請方法

 

通常、自治体より【寄附金税額控除に係る申告特例申請書】というものが、ふるさと納税後、しばらくして送られてきます。
もし、手元にない場合はこちらよりダウンロードしてご記載ください。

 

https://www.satofull.jp/static/packages/default/images/onestop/2016_onestop_shinsei.pdf

 

その後、


マイナンバーカードの両面コピー
又は
マイナンバーの通知カード(ペラペラのやつ)と運転免許証のコピーかパスポートのコピーのセット
マイナンバー入りの住民票と、運転免許証ORパスポートでもOKです。

 

添付して、それぞれの市区町村に送付します。

 

これだけで完了です!

 

郵送の手間はいりますが、確定申告の手間は省けます。

基本的にサラリーマンが対象になりますね。

 

自営業の方は、確定申告義務があるため、使えない制度となります。

 

 

 


個人事業でも法人でも、届け出が煩雑。

 

・税務署
・市役所
・年金事務所
労働基準監督署
ハローワーク

 

これこそ、ワンストップ特例制度で一つの手続きで済ませたいものです。

 

 

ただ、これからマイナンバーが浸透して来たら、必要なくなるかも・・・

 

!!

 

 

 

 

 

 

 

マイナンバーは・・・

 

・・・

 

 

 

なんかイヤですね(滝汗)

 

ふるさと納税・・・うまくやってますか??

「え!それってオトクなん??」

 

 

年明けからは、各地の特産品でウハウハ♪なんて家庭も多いのではないでしょうか?

なんのことかって?

各地の特産品=ふるさと納税

です!

f:id:everydayrunchange:20171213175218j:plain

 

1.ふるさと納税とは

 

ふるさと納税
聞いたことはあるものの、まだ実際にはやったことない!という人も多いのではないでしょうか。

 

ふるさと納税は、

自分の応援したい市区町村に貢献するため、直接自らがその市区町村を選び、その財源の源となる税金をその市区町村に納めていく

という仕組み。

したがって、ふるさと納税は簡単に言うと、【税金の支払い】です。

 

 

2.税金の支払い?

何を言っているんだ?寝ぼけてるのか?

という声が聞こえてきそうなのですが、

ふるさと納税ははっきり言うと、税金の支払い、となります。

所得税や住民税を、【ふるさと納税】という形で納付しているようなものなのです。

 

 

3.何がオトクなの?

 

税金の支払だと、結局意味がない・・・と思われるかもしれません。


結論として、そこだけ見ると意味はないのですが、
税金の支払をふるさと納税に変えることで、受けられるメリットがあります。


それは、各地の特産品などが、ふるさと納税によってもらえることがある、ということ。

 

市区町村としては、税金を納めてもらったお礼として、その地域の特産品を納税者にプレゼント。
そのことで、

そこに納税したい!という意識を高める効果と、特産品が結果としてその地区のPRにつながる効果があるというわけです。

 

ふるさと納税は、うまく払えば、2,000円だけの負担で特産品などを手に入れることができます。

 

特産品は大抵、その納税額を上回る価値のあるものが多いので、2,000円の負担があったとしても結果としてプラスになるわけですね。

 

 

4.申告が必要

 

ふるさと納税は、自ら申告しなければなりません。

 

方法としては、


・一定の要件のもと、自治体へ直接申請
・確定申告で自ら申告


という2種類があります。

 

この申告をして初めて、所得税や住民税が安くなるということになりますので、
くれぐれもふるさと納税しっぱなし!なんてことにはならないようにしてくださいね。

 

このふるさと納税
12月末までが期限

です。


1月に入ると来年の税金に対するものになりますので、12月中にはどうするか決めていかないといけませんね。

 

ふるさと納税の他、個人事業主の方は12月中に物を買うという行動に走られます。

 

もちろん、一定の物は節税効果がありますが、

必要のないものを買って手元のお金が出ていっているようでは本末転倒・・・


おかしな話ではありますが、よくある話です。

 

やたらベンツを買わせるという某専門家もいるようですが、
12月中にベンツを買っても、全額経費にはできません。
なんらかのバックでもあるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

しっかり良識のあるプロにアドバイスを受けたいものですね。

 

 

 

大きな声じゃ言えませんが。

f:id:everydayrunchange:20171213175120j:plain

 

 

 

言っちゃってますけどねっ♡

POINTS OF YOUでの意思疎通

「そこ見るかー!!」 

 

日曜日の恐怖の飲み会の続き。

 

everydayrunchange.hatenablog.com

 

この日のメインは、江口正勝さんのご指導による【POINTS OF YOU】

 

↓江口さんのHP↓

コーチング 福岡 九州 - 銀座コーチングスクール

 

一体なんなのか・・・私も実は知らなかったのですが、こんなカードを使って、思考を巡らせていくわけです。

 

f:id:everydayrunchange:20171212194615j:plain

 

1.自分の想いがカードに表れる

 

まず、今の自分がピンとくるカードを選ぶ。

私は

サラリーマンのおぼしき2人が、なにやらアゴに手を当てて悩んでいる

ものを選びました。(↓一番上のカード)

 

f:id:everydayrunchange:20171212194629j:plain

 

ここからイメージしたのは、

 

・子どもの保育園転園

・子どもの教育方針

・税理士としての在り方

・従業員との関わり方

 

・・・いろいろと、悩みがあったわけで、そこからの選択がこのカードだったわけです。

 

 

2.他の人から見ると?

 

今度はこのカードを、隣の人にじゅんぐり手渡していき、

 

『他の人はこのカードを見てどう感じるか?』

 

ということを、

他の人が箸を伸ばしている最中にテーブルを回して「ちょちょちょーぉぉっ!」と、よく怒られる、あの中華料理でのテーブル回しのごとく、自分以外の人が順番に書いていきます。

 

まず驚いたのが、

『ブリーフ派?トランクス派?』

というコメント。

 

!??

 

実はアゴに手を当てて悩んでる以前に、下半身がパンツだったわけです(!!)。

 

他にも、

 

『昼からテキーラ!でも仕事はキッチリやっちゃいます♫』

 

なんてコメントも。

 

確かに顔がほんのり赤い♡

 

私は、この2人が悩んでいるという点だけに着目していたわけで、下半身がパンツだったことや顔が赤らんでいることなど、目にも入らなかったのです。

 

!!!

 

このように、視点の違いが如実に表れたわけですね。

 

 

 

3.そもそも、視点が違うことを知る

 

このように、見る人によって視点が異なっていることがよくあります。

 

これを夫婦や恋人関係で見るとどうでしょう?

 

視点の違い・・・

これ程怖いものはありませんね(汗)

 

妻はこの視点の違いがきっかけで、離婚まで考えていたようですので・・・

everydayrunchange.hatenablog.com

 

 

これは親子間でも。

 

ぐしょぐしょに濡れたタオルをテーブルに並べる娘。

 

「そんなんしたら、テーブルびしょびしょになるよー!」

 

との私に、

 

「だってぇー…おいもがくっちゅいてとれんのやもぉーん!」

 

と涙の娘。

 

・・・父株、大暴落。

 

これも視点の違いでした。

 

娘の気持ちを考えると、まず


『どうして濡れたタオルを並べるのか?』


を尋ねるべきだったでしょう。

 

 

娘は、お手伝いとして芋がこびりついたテーブルを、なんとかしてキレイにしようと努力していたわけです。

 

 

4.会社経営においても

 

この視点の違いは、何にでもあてはまるな・・・

そんなことを思いました。

私が常に強いアンテナを張っている会社経営も、例外ではないわけです。

 

経営者と従業員は、もしかしたら親と子どものような関係に似ているかもしれません。

 

それぞれに、置かれている立場の違いがあります。


経営者は経営の舵取りをし、従業員に指示を出す立場。

それに対し従業員は、(一般的には)業務をこなすのがお仕事。

 

親子では、

 

親は家事や仕事、家庭を回していくための時間配分等の管理・・・

 

子どもは、基本的に遊ぶのが仕事のようなもの。

 

子どもにとって、この自由に遊ぶ時間こそが何より貴重な時間。

 

ここから、想像力や話す力や聴く力、物事への向き合い方などが育まれていくわけです。

 

これを、子どもの視点を無視したばかりに子どもの成長の芽を摘んでしまう結果となったら・・・

 

こんなふうに、

 

それぞれにベースの環境があるというのに、全員が同じ考えや視点を持っているという前提で物事を進めること自体、無理がある

 

というわけなのです。

 

ただ、こんなことを考える機会がないため、

ズレた視点に気付かぬままヨーイドン

となるわけですよね。

 

会社内の会議も同じで、

視点がズレているということは、上にも述べたように、いわば親と子の関係と同じ。

 

経営者が次の店舗展開を考えている一方、従業員は残業が増えやしないかハラハラしているかもしれません。

 

f:id:everydayrunchange:20171213095811j:plain

こういった認識をまずゼロに戻して、お互いの視点を確認することこそが、そもそものスタートであるべきでしょう。

 

そこで、

こんなカードを使うと、まず遊び心があるためスムーズに意思疎通ができて、お互いの想いを理解しやすい。

そのことで、みんなが共通認識をもつことができ、実りある会議などにつながる

わけですね。

 

私も、所内の従業員との関係はもちろんのこと、

顧問先の経営者の方との視点のすり合わせをこのカードでやってみたいなと思っているところです。

 

 

 

 

 

妻が最近私に向かって、


「ポイよ!そんな時こそポイよ!!」


と連呼。

 

 

 

 

ついに捨てられるのか・・・とみそぎをはじめていたところ、

この【POINTS OF YOU】のことをなにやら『ポイ』と呼んでいた様子。

 

 

 

 

 


夫婦でも、しっかりポイをして視点の確認をし、夫がポイズンとなって本当にポイされないよう身を引き締めていきたいものですよ(激汗)

源泉納付での資金繰りのコワさ

「なんでこっちが払わないけんの?」

 

 

源泉所得税の納付は、特に半年に一度の納期の特例である場合には、資金繰りに注意が必要です。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

この源泉所得税の資金繰りは、税務署に納付するものだけではなく・・・

 

 

1.従業員への還付

 

年末調整は、年間の所得税の精算なので、従業員から徴収した源泉所得税を還付(場合によっては追加で徴収)する手続きですね。

 

裏を返せば、還付をする場合『従業員から徴収した源泉所得税の範囲内』で、従業員に対し、天引きしすぎていた源泉所得税を返していく(還付)ことになります。

f:id:everydayrunchange:20171211212332j:plain

まぁ、当然のことですね。

 

 

2.還付が大きくなることも

 

ただ、例外的に従業員から徴収した源泉所得税以上の金額を還付しなければならないケースもあります。

 

それは、【従業員に前職がある場合】です。

 

例えば、

今年就職してきた従業員からの源泉徴収税額が10万円

で、

前職での源泉徴収税額が50万円あったとしましょう。

 

そして、年末調整で計算されたこの従業員の年税額が30万円だったとしたら?

 

従業員の視点で見ると、年税額が30万円で、徴収されている(取られている)のが50万。

となると、20万円は返してもらうべき、と考えますよね。

 

でも、そのうち10万円は当社のもの。

そのうち10万円は赤の他人ともいえる他社のもの(汗)

 

このような場合でも、20万円すべてを従業員に還付することになります。

還付というより、プレゼントのような気さえするこの状況(汗)

 

 

3.税務署への立替払いと考える

 

このように、いったんは10万円を税務署に納付するのですが、

この10万円は【税務署に対する源泉所得税の前払い】

と考えます。

 

次回の源泉所得税の納付時に、この10万円を差し引いて納付していくわけですね。

ですので、結局はプラマイゼロです(一息)。

 

ただ、この10万円分の資金繰りが厳しくなることには変わりありません。

このあたりもしっかりと考えておきたいものですね。

 

 

 

 

前払いといえば、

食の前取り、などということができればいいのになと思います。

 

今、ガッツリ×3回ほどの食事をとる。

要は、バイキングで3回分ほどの食事をするというわけ(汗)

 

 

それで、未来2回分の食事をしなくて済むようになれば、なんかいいですよね♪

 

ま、どーでもいいことですが!爆

nomga!という飲み会へ参加してみました。

「褒めたらだんだんと・・・」

 

 

今日はご縁あって、とある飲み会へ。

 

妻からの紹介で参加した飲み会でしたが、ほぼママさんのご参加(汗)

ある意味、奥様方のお話を聞くことができた貴重な時間となりました。

 

奥様が総勢7人、旦那が私を含め2人という超アウェイ状態(滝汗)

 

やはり、話題は家事のことへ。

どうしても、家事のギャップが夫婦のすれ違いを生んでいるという話がありました。

 

旦那の家庭に対する意識もそれぞれで、家庭によって悩みもさまざま。

 

『どうやって家事を手伝ってもらうか?』

 

という問いに対して、

 

『イラっとする料理の仕上がりでも、どこかを褒める』

 

という答えがありました。

 

 

やはり人は褒められると嬉しいもので、ついついまたがんばってしまう。

 

それがゆるやかな階段をのぼるがごとく、ゆっくりとではあるものの、料理など家事をやってくれるようになってくるとのこと。

f:id:everydayrunchange:20171211102706j:plain

奥様方も旦那をうまく操るために、趣向を凝らしてるんだなと妙に感心してしまいました(洪汗)。

 

今日はその他にもまた違うタッチの面白い話もあったのですが、続きはまた後日。

 

 

今日は飲み会であったものの、私は飲めないのでウーロン茶とコーラを一杯ずつ。

 

それを尻目に奥様方は、

 

「生ー!」

「グラス赤!」

「白!グラス」

「なんでもー!」

「あるだけー!」

 

若干の誇張表現はお許しくだくだ・・・

 

ありとあらゆるお酒を、ここぞとばかりに注文(汗)

 

勉強になった反面ふと考えます。

 

 

 

なぜ、ここに妻が私を送り込んだのだろう?

 

 

 

 

すごく勉強になったものの、半ば火だるまになって、帰途につきました(泣)