あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

締めの経費を忘れずに!!


「これがまたウマイ!」

 

決算迎える事業者にとって、いかにして経費を積むかということは死活問題。


最後の最後にどれだけの経費を積めるかによって、その時に支払うべき税額が変わってくることに。

 


上げることができる経費はどんど上げたいものですね。

 

 

 

1.払ってなくても経費になる

 


言わずと知れた事かもしれませんが、例えば商品等の仕入代金で、決算である今月中に仕入れたもの(納品が完了したもの)であれば、たとえ今月中に支払いが終わってなくても経費として計上することができます。

 

 

 

 

2.月末までが経費の対象

 


これは逆に、意外と知られていないことですが、請求書は会社ごとに締め日が異なるもの。


締め日は異なるものの、通常であれば自社の決算は月末日付。

例えば3月決算であれば3月31日までのものを、すべて経費として考えることができます。

 

 

 


3.締め後の経費をしっかり上げる

 


上記に述べたとおり、会社によって請求書の締め日は異なるもの。


例えば3月決算の会社で、3月25日締めの買掛金(仕入れ代金)の請求書があったとしましょう。

請求書として上がってくるのは、2月26日から3月25日までのもの、及び、3月26日から4月25日までのもの。

 


この場合3月中に届いた3月25日締めの請求書は当然のことながら買掛金として経費計上するのですが、意外と3月26日から3月31日までの経費を計上していないということがすごく多い。

f:id:everydayrunchange:20170817223512p:plain

この処理をすることで当期の経費が上乗せ計上できるのですから、これを使わない手はありません。

 


決算にあたっては、今一度このことを念頭に置いて、追加の経費の計上を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 


わが街博多にはシメのラーメンという文化があります。

 


お酒を飲めない私にとってはあまり関係のないことですが、お酒を飲んだりお酒に飲まれたりする方にとっては、かなり重要なこのシメのラーメン。

 

 

 

経費=ラーメンということで、最後の一滴まで取りこぼしのないよう、しっかりと喰らいつきたいところですね。

 

 

 

 

 


などという締まりのないシメで、この記事を終わることにします。

 


ごちそうさまでした。

国保が変わる!!?

 
国保高すぎるんですけど!」

 


6月に入って国民健康保険料の通知書が、個人事業主の元へ届きました。

 

特に昨年までサラリーマンをされていて、今年から事業者となった方々にとっては、前年の所得(給与所得)によって国保の金額が計算されてくるため、かなり高い請求が来ることに。

 

個人事業主になって間もないのに、こんなに高額な請求がくるのは、鼻からスイカが出るほど本当に大変なこと。


そんな中、国民健康保険料を都道府県で統一するというような動きが出ています。

f:id:everydayrunchange:20170817214742p:plain

 

 

1.従来のバラバラを統一

 


今までは市区町村単位で国民健康保険料が計算され、通知されていました。

これが市区町村単位でなく都道府県単位に変更になるとのことで報道されているところです。

 

 

 

2.具体的に見てみると…

 


市区町村単位で国民健康保険料が違っているという事実。

具体的に見ると、福岡県内で次のようになっています。


北九州市 801,800円

福岡市  771,500円

宗像市 672,700円

大野城市 574,300円

 


結構違いますよね…

 

 

 

3.今後は調整がきかなくなる

 


このように、今までは上記のように国民健康保険料が違っていたため、場合によっては住む市区町村を変えて、計画的に国民健康保険料を抑えていくという手法が使えていました。

 


ただ、今後は市区町村単位で計算されていたものが、都道府県単位に変更されるため、このような調整ができなくなることに。

 

今朝の日経新聞にも書いてあったのですが、このように都道府県単位にすることによって、全体としては、公共機関が徴収できる国民健康保険料が増加するとのこと。

トータルで見て国民の痛手ということですね・・・まぁ、当然ですが(汗)

 


具体的にどのような計算方法になるのかわかりませんが、今後の動きには要注意ですね。 

 

 

 

 


このように、市区町村によって違うというものは国民健康保険料だけではありません。

我々子を持つ親にとって死活問題とも言える【保育料】もその一つ。

 


ただ、保育料だけで通う保育園を検討するというのは、本末転倒な気もしますね…

 


私の家庭では子どもの教育に関してはしっかりお金をつぎ込んで、本当に子どものためになるような教育や育て方をしたいと思っているところです。

 


その分私たち大人は、しっかりと節約していかないといけませんね…(汗)

 

 

 

 

 

 

・・・妻の使っている化粧品は一体いくらなんだろう…(滝汗)

 

 

 

 

暑気払いで節税プラスアルファの効果を??

 

「身体がダルイ」


二週間に一度ほど整体に行っているのですが、この時期は暑さのこともあり、身体が壊れがちであるとのこと。
私も、やはり梅雨の時期から通年と比べて、倦怠感にさいなまれています(汗)


おそらく、従業員の皆様もそうではないでしょうか?

 

 

1.あえて仕事をしないという選択

 

身体がダルイのが気候のせいともあれば、どうもコントロール不能・・・

気候のせいということは、基本的に同じ環境で過ごしているすべての人が少なからず身体が不調なのでしょう。

 

そんな時期に、通年通りの仕事がこなせるでしょうか?
・・・難しいですよね(汗)

 

では、思考を変えて、思い切って仕事せずに飲みにでもいきませんか!?

 

 

2.この時期だからこその福利厚生!


こんなに気怠い毎日が続くと、従業員も意気消沈気味でしょう・・・


暑気払いとはよく言ったもので、暑さもさることながら、そんな倦怠感ごとキレイさっぱり捨て去りたいところ。

 

士気の下がっている状況では、生まれるものも生まれない・・・
だとすれば、思い切って仕事を切り上げて暑気払いに行ってはいかがでしょうか?

f:id:everydayrunchange:20170816172155j:plain

 

お酒が入るからこそ、生まれる信頼関係もありますし、なにより経費になる(!)

 


仮に5万円の暑気払い費用(?)がかかったとして、このことによる税金が5万円×30%=1万5千。
とすると、5万円のところを3万5千円で暑気払いができるということ。

そういった面でも、この時期ならではのこととして検討してみてはいかがでしょう?

 

 

 


うちの次女も、お盆の不摂生(?)からか、今日は熱が出てしまった様子。

 

今朝も頭が痛いといってお腹を押さえていて私は笑っていたものの、本当に具合が悪かったかと思うと、次女申し訳ない気持ちです(汗)

 

長女からはたまに不条理に怒られ、父親からは理解されず(?)、我慢がたまっていたのかも・・・

 

次女の事情もよく考えて、次女に対する経費もかけないといけないかもしれません。

お盆にまつわる経費の可否

「キレイだねー。」

 

今日はお盆最終日。

妻の実家が長崎ということで、今日は精霊流しへ。


福岡にはない荘厳とした雰囲気に子どもたちも緊張気味です。

 

さて、お盆といえば身内のお参りはもちろんのこと、事業をされている方にとっては、取引先への初盆参りなどをされることもあるでしょう。

 


今日はそんなお盆参りに関する経費についてみていくことにします。

 

 

f:id:everydayrunchange:20170816101915j:plain

 

 


1.お盆参りにも経費がかかる

 


初盆参り。

お取引先のお参りともなれば、御香典などの準備が必要ですよね。

(さすがに手ブラでいくわけにはいきません…)

昨日の記事にも書いたように、事業に関係のある支出は経費となるべきです。

everydayrunchange.hatenablog.com

 


2.どうやって経費にする?

 


御香典も取引先へのものであれば、当然のことながら事業に関係のある支出。

となると、必然的に経費になってきます。

ただ、御香典となると、領収書が出てきません。

ただし、領収書がなくともやむを得ない事情があれば経費とできる可能性が。

everydayrunchange.hatenablog.com

 


3.御香典の場合は


やむを得ない事情で領収書が出ない場合は出金伝票で対応可能ではあるものの、可能な限り証拠になる資料は揃えておきたいもの。

御香典の場合の証拠となれば、何があるでしょうか?

 


これは「会葬御礼」が適切でしょう。

会葬御礼はお通夜や葬儀に参列したらいただけるもの。

これが何よりの証拠となります。

 


当然のことながら、初盆参りはそのお通夜や葬儀があった直近のお盆となりますので、会葬御礼が根拠となるわけですね。

 

 

 

 


このように、税務調査に当たってはできるだけの根拠と、税務署を説得する(事業に関係する支出であるという)ストーリーが必要となります。

 


ことが起こる前にしっかりと備えておくことが何より重要。

税理士としっかり打ち合わせをしてくださいね。

 

 

 

 


精霊流しでは、男性陣はハッピを着て歩いていきます。

私の棒のような身体には、どうしても和服を着てもサマにならない…

 


結婚式の羽織袴でも同じ。

 


少しでも、私のハッピを見てクスクスと誰かがハッピーになればこれ幸い…

 

 

経費は堂々と上げませんか??


「おぉいしぃーー!!♫」

 


今日は家族でBBQへ。


今回は私たちの家族と仕事関係でお付き合いのあるご家族と一緒にお出かけ。


大雨だったにもかかわらずお盆ということもあり、帰省されている方々の波にのまれて大渋滞…

 


よりによってお盆のど真ん中にこの企画をしてしまったのが最大の反省点でした(汗)

 


今日行ったのは福岡ではまぁ有名なルイガンズというホテルでのBBQ。

f:id:everydayrunchange:20170815063303j:plain


楽しかったものの、まあまあの金額(汗)

 

 

コレって・・・経費にできるのでしょうか・・・??

 

 

 

1.事業に必要なものが経費

 


当たり前のことではありますが自分の事業に必要な支出が経費として認められます。


逆に言えば、事業に関係のないものは、経費としては認められないわけです。

 

 

 

2.税務調査がコワイ?

 


とは言え、事業に関係あるのはあるものの、なんとなく経費とすることが後ろめたくなる気持ち…ありませんか??

 


「後ろめたい」という気持ちは裏を返せば税務調査が怖いからという気持ちからきてる…ようなことはないでしょうか?

 


でも・・・考えてもみてください。

 

なぜ事業に関係ある支出を堂々と経費として上げることが税務調査と関係あるのでしょう?

 


税務署がそれを「経費でない」と否認するためには、「それが事業とは関係のない支出であること」について証明をしなければなりません。

f:id:everydayrunchange:20170815063619j:plain


自分が【事業と関係ある】ということで経費として計上しているものを、税務署が明確な根拠をもってそれを覆すことは難しいことだと思いませんか?

 

 

 

3.今回のケースは??

 


先に書いたように、今回は仕事関係の家族との食事会。

もっと言うなら、お互いに幼い子どもがいて、どちらか手を離せない時は子どもを預け合ったりしたい。
そのためには、前もって子ども同士の触れ合いをさせておきたいという目的。

 

…なぜこれをとして計上しないのでしょう?

どう考えても経費ですよね。   

 


よくこのようなケースでは、家族の食事代は経費から抜いてください、などと税理士から言われることも多いようですが、逆に「その根拠はなんですか?」と聞いてみてはどうでしょう?
 

 


杓子定規で「それは経費ではない」と税理士が一方的に決めてしまうこと自体が問題。

 

私の理念にも掲げていることですが、「何のため」の支出なのかということをしっかり考えたいものですね。

 

事業に関係すれば、それは紛れもない経費。

ただそれだけです。

 

 

 

BBQなど、野外での食事は子どもたちにとって至福の時のよう。

 

普段はそこまで食の進まないのに、こういう時ここぞとばかりに食す(!)

 

最後のフルーツは数え切れることのないおかわり。

 

桜桃・なし・さくらんぼ・・・

子どもたちの楽園がここにあり。

 

「もう今度で終わりやからねー」

 

「・・・」

 

・・・聞こえないふりか・・・

 

 

桜桃・なし・さくらんぼ・・・

応答なしの錯乱坊・・・(ちなみに全員女の子♪)

 

 

などと、お盆の真ん中に冷えを投じてみたわけです。

 

 

 

 

人は選び、選ばれるもの

「あなたが言うから買ったんよ。」


仕事柄、出先で筆記用具を使うことが大変多い毎日。


そうなると、やはり相手の見た目も気になってしまうのでどうしてもきちんとしたボールペンを使いたいもの。

ただ見た目が良いだけというわけだけでなく、やはり使い勝手の良いものでなければ、実用性はありません。

 


私は手首が弱いので(汗)、高価な一方で、ずしりと重いものはかなり使いにくいわけです。

 


そうなると、書き心地も良く、かつ、キチンとしたデザインのもの選ぶことに。

 


この書き心地が良かったりすると、やはり良いものは人に勧めたいわけで、ついついそのボールペンのことを話してしまうもの。

 


勧めていると、どんどんそのボールペン人口が増えていく…

私の周りは結構の確率でこのボールペンの愛用者です。

 

 

 

なぜこのように私が使っているボールペンを使ってくれるのでしょう?

これが私でなく今この瞬間に会った人からのオススメだとしたらどうでしょう?

 


やはり知らない人の勧めるものは、選ぶことをためらってしまいがち。

そこから考えると、ボールペンを使ってくれるということは、少なからず私を信用してくれて、または信頼してくれて、その物を買おうと心に決めていただいたから、なのではないでしょうか。

 


ここに商売の基本があるわけで、相手との関係性が深ければ深いほど制約率が高まるもの。

体育会系で飛び込み営業などという営業スタイルも良いのでしょうが、私には無理です。

f:id:everydayrunchange:20170814093102j:plain

私は正直言って断られるのが怖いので、やはり相手との関係性をしっかり作った上で、勧めたいものを勧めます。

 


逆に言うと、関係性のない、または関係性の作れなかった人に対しては、勧めたいものでも一切勧めません。
というより、勧めたくありません(汗)

 


…このようなことを視野に置いて考えると、今の自分の営業スタイル…

理にかなっているでしょうか?

 


「この人から買いたい!」

と思ってもらってこそ、その人に買ってもらえる、というもの。

 


…最近、なにかと押し売りとも取りかねない営業が私に対して降りかかってきているので、そんな売り方だと買いませんよ、ということをこの場を借りてお伝えしたいです。

 


と同時に、自分自身がこのように相手に不快な思いをさせていないかということを、今一度しっかり見直してみたいものですね。

 


我が家は近いうちに引っ越す予定があり、その物件検討しているところです。

われわれ夫婦の共通の認識として、風水など統計的な面からも見てベストな選択をしたい!ということで、その風水の専門家に指示を仰ごうとしているところ。

あなたなら、この風水の専門家、どうやって探しますか?

f:id:everydayrunchange:20170814092936j:plain

 


私はとにかく「紹介」

紹介ということは紹介する側、紹介される側、双方に責任がのしかかってきます。

 


その責任が関係してくると、変わった人は紹介しないはずだし、紹介してもらう側もやはりキチンとした(ここでいう「変わった人」でない)人であるべきでしょう。

 


私もこのようにしっかり紹介されるような人物でありたいものです。

 


「うちのおとーしゃん、めっちゃたかいたかいしてくれるよぉー!」

 


ありがたい、我が子から他の家庭の子へのたかいたかいの紹介。

 


私のたかいたかいに長蛇の列…

 


嬉しい反面やめてほしい気持ちも…

 

 

 

いや、嬉しさ1対やめてほしい気持ち9かな…(大汗)

 

※緊急提言!!※あなたのお金、大丈夫ですか!?


「見ましたよー!」

 


今日、先日福岡地区で放送された私たち家族の取り組みが全国のNHKで放送されました。

f:id:everydayrunchange:20170812173447j:plain


内容としては、夫婦で話し合いの場を持って、家事や育児、仕事など思いを共有し合い、理想の家族像を作っていく、というようなもの。

 


この中に「世帯経営ノート」というものがツールとして紹介されています。

f:id:everydayrunchange:20170812173539j:plain


家事や育児、お金の問題など、多岐にわたる項目がそこには網羅されており、そこに夫婦の気持ちを書き連ねていくことで、お互いの想いが共有できるというもの。

 


ここで面白いのが、家族での生活というのは、企業の経営とすごく似ているということです。

 


経営理念のない企業は、往々にしてうまくいかないもの。

経営理念がないということは、ゴール持たないということ。目標のないダイエットと同じなわけです。

何キロまで減量するという明確な目標がない限りは、なあなあゆるゆるダイエットライフ(汗)

 


そういうわけで、何をするにおいても理念が必要である、ということ。

そのことだけは確実でしょう。

 


私は、企業レベルでも個人レベルにおいても

 

・お金に目的を持たせること。

 

・その目的を達成する手段を提供すること。

 

ということを第一に大切にしています。

 

お金があれば、大抵のことは解決します。

 

個人では衣食住はもちろん、健康、人間関係。


企業においては、設備投資、雇用など・・・

 

 


1.お金に目的を持たせること

 


上に述べたように、ゴール無きダイエットは、単なる自己満足のなあなあゆるゆるダイエットです。

 

学生においても、「良い成績を取る」というよりも、「学年で上位3位以内に入る」とか「95点以上の成績を取る」という具体的な目標がないと、何をゴールとして取り組んでいいのか自体が見えないため、自己満足の勉強で終わってしまいます。

 


これはお金においても同じこと。

 

なんとなく「節税したい」、「お金を殖やしたい」という程度では、学生においての「良い成績を取る」というのと何ら変わりありません。

 


「何のために」節税したいのでしょう?

「何のために」お金を殖やしたいのでしょう?

 


もちろん、出ていくお金を最小限にして、多くのお金を手元に残しておきたい。

それは万人共通の想いでしょう。

 


ただ、これではゴール設定が明確ではない、つまり、理念が定まっていないことになってしまいます。

f:id:everydayrunchange:20170812183605j:plain


結局のところ、「お金」に執着してしまっては、何も見えてこないのです。

 


「何のために」起業したのでしょう。

「何のために」働いているのでしょう。

 


この答えが、「ただ、お金が欲しいから」となってしまっては、漠然としすぎていて動きようがない状態になってしまう・・・
何度も言いますが、なあなあゆるゆるダイエットと同じです(汗)

 


5年後に設備投資をして、さらにお客様に満足してもらいたい。
そのためには3年後にいくらの利益を上げて、3年後にその利益を上げるためには、今年度にはこれだけの利益を上げなければいけない。


そのためには原価や経費を見直さないといけないかもしれないし、売上を生み出してくれるのは従業員の力であるから、従業員の雇用も考えないといけない。


そうすると、人件費にこれだけ必要で、これだけの利益を残さないといけない。
今年度にこれだけの利益が必要であれば、今月はこれぐらいの利益、これを一日に換算すると毎日これぐらいの利益・・・

 


というように、ゴールが明確になれば逆算して今この瞬間にすべきことが見えてくるというもの。

 


この「理念」・・・つまり「ゴール設定」が何より重要ということです。

 

 

 

2.目的を達成する手段を提供すること

 


では、そのような明確な目的を持った上、どんなふうに動いたら良いのでしょうか?

売上を伸ばしたり、経費を削減していくという事は、当然のことながら必要なこと。

それに併せて、その目的に向かってどうやってお金を作っていくかということがすごく大切なわけです。

 


この低金利の時代。

 

正確の人から正確な情報を得るということこそが、何より重要なことです。

 

ことお金のことになると、なぜかお金の知識のない身近な人に相談してしまう…

当たり前のことですが、そんなことで明確な回答が得られるはずはないわけです。

 


今、自分が情報を求めている人は本物の人ですか?
何かその人のアドバイスを受けるべき明確な根拠があるのでしょうか?

何より大切なお金のことを、なぜ素人(言い方は悪いですが)に相談するのでしょう?

 

私は、お金のプロとして本物の人から本物の情報を得るということに常にアンテナを張り巡らせています。

ですので、その行動の結果、幸いなことに本物の人から本物の情報を得ることができています。

 


その情報が、私の持つ最大の武器であるお金の目的を達成する手段となっているわけです。

 


あまりにも投資詐欺やお金のことで騙されてしまっている人が多いので、今一度「何のために」お金が必要なのか?ということを税理士として注意喚起したいです。

 


お金にしっかりとした目的を持たせ、それを達成する手段を持っていれば、投資詐欺なんかには遭わないのです。


目的を果たすために、一挙手一投足がその目標達成のため動いていくわけなので、横道に逸れようがないわけですね。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

このNHKの取材を通じての家族経営を考え、何においても目標を持つこと、ビジョンを持つということはすごく大切だなということを改めて考えさせられました。

 


今日、事務所に出勤したところ、管理人さんから「今日テレビ見ましたよー!!」とのありがたいお声が!!

f:id:everydayrunchange:20170812182842j:plain


…いやはや、悪いことはできませんねぇ…(汗)