あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

愛のある人、愛のない人

明けました!
7月ですね。

福岡では先週梅雨入りをし、かなりムシムシする日々です。

なんとなく、このブログを更新してみたくなり、久しぶりに記事を書いています(^^)

【相手の幸せを想うことがすべてのベース】

・・・そう、そんな風に思うのです。

何が言いたいかって、

結局のところ、何事も相手があってのこと。

家族、夫婦、親子、学校、友人、仕事、恋人・・・

ほぼすべてのことに、

自分以外の他者の存在が。

上に書いたようなそれぞれの立場の人に、日々多く出会うわけですが、

税理士として出会うのが、やはり経営者。


大体において、

成功している経営者ほど

【謙虚】なものです。


ここでいう【謙虚】とは、日々接するすべての事象に感謝をしているということ。


お客様に対して圧倒的な愛を持っていることはもちろんのこと、

自社の従業員や自分の家族といった人たちにも

無償の愛情で接している。

 

そんな共通点が成功している経営者から見て取れるものです。

 

その一方で、

【人を大切にしない経営者】

という人も残念ながら、多く存在します。


もっと言うと、

【自分の利益だけしか見えていない】

という状況。

この商品を売れば、自分に大きな利益がもたらされる。

そのためには、多少人を傷つけたとしてもいいだろう。

多少人をだましたとしてもいいだろう。

・・・と。


あり得ないことですね。

でも、実際に目の前に自分の大きな利益が見えている状況だと、

このような思考に陥りがちであることも、多くの場合また事実。


そして、これも大変残念なことながら、

そういった誤った価値観(あくまでも私見です)を持つ経営者は

思いのほか多いもの。


とするならば、

私たちはこのことを念頭に置き、

相手のことを見極めていきながら、

日々判断をしていかなければならないでしょう。


特に注意すべきは、

資産やお金の関係のお話。

 

このエリアのお仕事をされている方は本当に多く、

多くの場合、一度の契約で多額の利益がもたらされるので、

他者を食い物にしてまで自分の利益に食らいつく

という状況が生まれてしまうわけですね。

 

あなたが今任せている資産やお金・・・本当に大丈夫ですか?

 

信頼のおける相手であれば、こちらが困ったり疑問を持ったりした状況に対して、

愛情を持って、その解決に尽力してくれることでしょう。

 

ただ、

相手があなたとの契約によって利益を得きった状態であるとするならば、

そこからのフォローは多くの場合ないがしろにされがち。

 

このことをひっくり返してみると、

 

契約が終わって一定期間経った後も、

あなたに対して愛情を持って接してくれる相手だとしたら

それは信頼できる方でしょう。

 

f:id:everydayrunchange:20190701022915j:plain


私の周りに、

このような【自分の利益しか見えていない人】

がここのところ立て続けに出てきてしまったのです。

(・・・というより、相手の心の裏側が見えるようになってきたのかもしれませんが・・・)

残念ではありますが、これが事実。


ただ、このようなことに出合ったこと自体に教訓を見出すことを必要かと思います。

【果たして、自分が本当に無償の愛を持って相手に接しているか?】

ということ。

今一度、しっかりと自分を見つめなおさないといけませんね。

 

 

※※ブログ、移行しています!↓

https://muratax.com/blog/