あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

想いは老若男女問わない

「いくつになっても大事なことですよね。」

 

昨日は11月22日。

いい夫婦の日ということで、それに伴うイベントに家族で参加してきました。

 

各業界から、トップレベルの経営者が多く集まっていたこの会。

空気に触れるだけで、すごく心地よい気分でした。

 

その中で、たまたま名刺交換をさせていただいた方が。

 

理容師を長くされているというこの方。

 

なんでも、老人ホームなどに入所しているの高齢者の方々の髪を切ることをお仕事にされているとのこと。

 

「ただ、髪が短くなればいいという人が多いんですけど、やっぱり、カッコよく、かわいく切ってあげることが、おじいちゃんおばあちゃんにとって一番の喜びなんですよ」とのことでした。

 

恋をすれば女性はキレイに、男性はカッコよくなっていくなどということは、結構よく聞くお話。

f:id:everydayrunchange:20171126100017j:plain

老若男女問わず、このことは不変なのでしょうね。

 

このように、経営・・・特に顧客満足のことを考える上で、こういった【本質を突く】ということが何より重要。

 

ただ、上っ面で価格競争をしてみたり、顧客を欺いて自分の利益だけを追求してみたり、などという行為は、顧客に見透かされるだけではなく、信頼までも失い、すぐに叩かれてしまうもの。

 

なぜ、そんなカンタンなことがわからないのかと疑問でなりませんが(泣)

 

しっかり本質を見つめること。

常に意識をしていきたいものですね。