あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

ガシッ!とした絆こそ、今求められるもの。

我が家から駐車場へ出て、
そこから続く石で

足場が作られている
細道を通って公園へ。

 

その公園から

またさらに細い狭い道を通り、
階段を下ると、
一番大きい団地に行き当たる。

 

毎日お昼に来るワゴン車のたこ焼き屋さん、


歯を診てもらいに行くと、
口の中の切り傷を作ってくれる

少しヤブな歯医者さん。


昔ながらの雰囲気で

眼鏡を鼻までずらし、
はたきを持って

お店を巡回する本屋のおいちゃん。

 

そんなレトロな住宅街の一角に、
私が幼い頃から

25年程通っていた床屋さんがある。

f:id:everydayrunchange:20160622054952j:plain


結婚して、福岡に移り住んだ。

 

福岡に越してからも、
髪を切る時は

この北九州の床屋さんに通った。

 

もちろん交通費もバカにならないが、


やはり愛着があった。


昔から知っている安心感。

 

でも、

さすがにこんなことを

何度も続けるわけにはいかず、


今は福岡の決まったところに行っている。


その美容院は、
保育園のパパさんママさんが

開いているお店。
今はこのお店のファン。

 

でもたまに実家に帰る時は、
床屋さんによる。

 

床屋さんには行くが、


「いやぁ、ごめんなさいね~。

最近忙しくて、なかなか来る暇なくて・・・」


などと、

言う必要もない言い訳を口にする。

 

そして、今度は
福岡の美容院へ。

 

「いやぁ、たまたま実家に帰ったもんで。
昔から行ってるとこで

久しぶりに髪切ってもらいました~。」


などと、

浮気の弁を述べる。

 

二重苦・・・

 

二重の苦しみ・・・

 

二箇所での浮気・・・

 

世間はこんなことを許してくれるのだろうか・・・


まさに、
私は(感じる必要もない)苦しみを
この2箇所の髪切り屋さんに対して負っている。

f:id:everydayrunchange:20160622055735j:plain


でも、
スーパーやコンビニなどは、
結構頻繁に買う場所を変える。

 

ここでは、後ろめたさなどない。

 

なぜだろう??

 

スーパーやコンビニでは


特に人に興味がないから(^^;


逆に、
北九州の床屋さん、
福岡の美容院は、

 

そのお店の人を好きになっている。

 

他愛もない話をし、
お互いニコニコ。

 

ガシッとした絆が

つくられているのだろう。

 

昨日は、銀行主催のセミナーがあった。

 

私は融資を受けることを検討しており、
この銀行のセミナーには、
最近よく顔を出している。

 

そうしていると、
銀行のある方が
まだ融資の申し込みもしていないのに、
担当としてついて下さった。

 

昨日も
「ご準備は順調ですか?(^^)」
とのありがたいお言葉。

 

私はこの銀行が好きだし、
この担当の方も

いろいろお話するようになって
すごく好きになっている。

 

私は融資を申し込ませていただく時は、
この銀行に、
そしてこの担当の方にお願いすることになるだろう。

 

絆がつくられているから。

 

 

 

 

SNSなど、
バーチャルな世界が

日常の多くの時間を
占めているように

思われるこの時代。

 

 

でも実は、


リアルな人と人との触れ合い

 

がやはり大事なように思う。

 

 

バーチャルでは、

人とのリアルな接触はない。


握手をして

その人の温もりを感じることがなければ、
声さえも聞くことはない。

 

人と人との絆…

 

多くのビジネスにおいて、
一番重要なこと。

 

複雑なようで、
基に立ち返ると、
すごくすごく単純なこと。

 

絆こそ、
今の時代には必要。

f:id:everydayrunchange:20160622060407j:plain

極論、


絆があれば、
傷つけあうこともなく、
相手に対する深い思いやりも
持てるようになる。

 

私は人と直に触れ合うことが好き。

 

 


だから、これから、


さらに、


もっと、


生の人と会って、


深いお付き合いをし、


絆を深めていきたい。