あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

軸を持つ

おはようございます。

正月三箇日とは言われますが、
今年の暦では明日からが週明け月曜日。
サラリーマンにとっては、残念な年。
経営者にとっては、
動き出せるのが早くて
ラッキーな年なのかもしれませんね。

さて、先日お会いした医師の方が
おっしゃっていたことがあります。

医師としていろいろな患者さんの
手術を手がけられている方なのですが、
手術をする際に重要なこと。
それは、

「軸を持つ」

ということ。

自分の体にしっかりとした軸を持っておかないと、
手術をする手先がブレてしまい、
うまくいかなくなるとのこと。
だから、手術をする前には必ずこの「軸」を
作る儀式を行っているとのことでした。

この「軸を持つ」ということ。
このように、体のバランスを保つという意味でも大事でしょうが、
精神面でもすごく大切なことのように思います。

私が思うに、精神面では、

「軸」=「何のため」

何のために、自分は今このことに取り組もうとしているのか?

例えば、

何のために朝礼で社訓を唱和しているのか?
何のために掃除をするのか?
何のためにアンケートを取るのか?
何のためにこの人と食事をするのか?
何のために子どもと遊ぶのか?

こんな風に
「何のために」という軸を常に考えていると、
その一瞬の行動でも、
しっかりとした意味を持つことができ、
動きにハリが出ます。

そしてこの一つひとつの意味を持った行動が、
のちに大きな力となってきます。

あなたも今一度、この
「何のために」という「軸」をしっかり
考えてみてはいかがでしょうか?