読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

三位一体こそ経営の極意なり

私が定期的に参加している交流会。
最近、何度か連続して参加していた人が突如来なくなりました。

前に会って以来3ヶ月・・・
心配極まりなく、連絡することに。

f:id:everydayrunchange:20170115163115j:plain

返事が返ってきて胸を撫で下ろしたとこだったのですが、
何やら悪質な商品を売りつけられて、嫌な思いをされたとのこと。

そりゃ来たくなくなりますね・・・
そんな思いをするとその会に参加している人までも嫌に見えてきてしまうもの。

もう少し早く連絡とればよかったな・・・と後悔しているところです。

 

さて、私もいろいろな経営者の方とお会いしお話しするのですが、
なんとなく直感的に「危ない人」はわかるようになってきました。

 

ビジネスは、経営者である自分、従業員、お客様。
人とのつながりにより成り立つもの。

 

今回のお話だと、商品を売りつけた経営者とそのお客様との問題。
お客様が商品を買って嫌な思いをしてしまった以上、そのビジネスはアウトではないでしょうか。


まずは、お客様がどのように感じるか?
お客様が商品を買って、満足がいっていないようなら場合によっては改善を加えるべきでしょうし、場合によってはそのビジネスの在り方自体を見直すべきでしょう。

 

これは、経営者対従業員でも同じ。
いくら経営者とお客様がうまくいっていても、従業員が会社(経営者)に不満を持っているようでは成り立ちませんよね。
経営者はリーダー、細かな仕事をしてくださるのは従業員の方々。
そんな現場の従業員が不満なら、仕事も満足にしてもらえないでしょう。

従業員とお客様の間がうまくいっていないとしたら、経営者の意思がキチンと従業員に伝わっていないということ。

いずれにせよ、この三者のうちいずれかがなんらかの「不満」を持っていたら、うまくいきません。

 

美しいビジネスは、実にこれが三位一体となってキレイに形作られているもの。

f:id:everydayrunchange:20170115163248j:plain

今一度、自分のビジネスの在り方を見直したいものですね。

 

こんな形で仲間が楽しくあるべきはずの場に参加できなくなっていることが残念でなりません。
この仲間の気持ちをしっかり受け止め、私も精進してまいります。