読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

思い込みは重いゴミである!!

昨日、
ある決意を固めて

 

スタバに行った。

 

『あまーいのを頼もう!』

 

根っからのコーヒー好きだから、
注文するのはいつも
ドリップコーヒー。

 

ベイクドチーズケーキフラペチーノ

www.starbucks.co.jp

 

ドリップコーヒーしか飲まないくせに、
なぜかスタバのアプリは

ちゃっかりダウンロードしており、
新情報には詳しい。

 

でもよく考えたら、

ドリップコーヒーしか飲んだことがない・・・


それってなんか寂しいよね?


なんていう想いもあり、

思い切って・・・


私「きゃらめるまきわーと下さい!」

 

店員さん「はい、キャラメルマキアートですね(^^)。サイズは?」

 

ニアミス。


さすがに、いつもと違うものは緊張する・・・

 

しかも、
注文が終わったら、
商品ももらってないのに
店員さんが「ありがとうございました~。」と。

 

キョトンとしていると、

右のカウンターで商品が出るとのこと。

 

いつもとは違う世界。

少し大人になった気がした。

f:id:everydayrunchange:20160623060220j:plain

 

少し前に友人と話して気が付いたこと。

 

私「スタバに行ったらさぁ、結構みんなプラペチーノを頼みよるよね~。」

友人「なん?プラペチーノって(笑)フラペチーノやろ!」

!!!
私「いやいや、プラペチーノやって!」

 

一般的な常識人から見ると、
最初から勝負が決まっているこの問答を、
23秒程繰り返し、怖くなってスマホで検索。

 

…フだった。プじゃなかった・・・

 

猛烈な恥ずかしさと自分に対する憤りが、
腹の奥底から湧き上がってくる。

 

幸いにも、
今までプラペチーノは注文したことがなかったし、


こんな話をしたのは、
気の置けないこの友人が初めてだった。

 

せめてもの救いだった。

 

 

 

 

そう言えば、

 

うちの母。

 

 

母は強い。

 

 

なんとも、

折れない心を持っている。

 

 

私が何と言おうとも、

 

得意の手作りお菓子は

バウンドケーキ(!)

 


そして、

トースターは開くものだから、

オープントースター(!)

 

太宰府天満宮に行くときは、

うめがやもち(!)

 

をお土産にせがまれる。

 

神聖なる地で売られている
梅が枝(うめがえ)餅が
母にかかれば、

なんとも滑稽に思えてくる。

 


みるふゅーゆ

に至っては、
ただただ、口がついていかないのだろう。


とにかく、母は強い。

 

 

 

この思い込み。

 

一番怖いのは、

『自分では気付いていない』

ということ。

 

f:id:everydayrunchange:20160623060748j:plain

 

最近パソコンの調子が悪くて、
インターネットが

うまく使えないことが多かった。

 

家にいても、
パソコンが妙に重たく、

以前のようにサクサク進まない。

 

これはもう買い替え時だな…


と思い、パソコンに詳しい知人に
どんなものを買えばいいかを尋ねる。

 

友人「Wi-Fiはちゃんとつながっとるんやろ?」

 

私「うん、つながっとる。」

 

友人「ちゃんと電波飛んどる?」

 

私「うん、ちゃんと飛んどる。」

 

・・・

 

私「ちゃんと飛んどるんやか??(^^;」

 

友人「再起動したら?あと、もし親機から離れたとこでネットするんなら、
中継器を買った方がいいかもよ」

 

・・・再起動?中継器?

 

考えてもみないことだった。


私が今欲しいのは、


新しいパソコン
ではなく、


快適にインターネットができる環境


だった。

 

パソコンを買うということが

最終目的化してしまい、
本来の私の中の真のニーズを
自分で気付いていなかった。

 

モノやサービス、価値を提供する側と、
お客様には、
そんなギャップが多くある。

f:id:everydayrunchange:20160623061819j:plain

 

お客様に


「それが本当のニーズですか?

本当はコレじゃないんですか?」


と上手に語り掛け、
本当の解を見つけ出すこと

が、本来求められていること。

 

分かっているようで、
私自身も
過剰な思い込み
があることに、
いろんなところで気付く。

 

今一度、
しっかりと接する人と
そんなギャップのズレを正していきたい。

 

 

 

フラペチーノ・・・

 

 

今度は思い切って

フラペチーノ
を頼んでみよう・・・