あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

相手に憑依して、気持ちを考える。

世の中にはいろんな仕事があります。


私は他業種での経験がそこまでないのですが、
よく交流会などに参加すると、

実にいろいろなお仕事が
あるんだなぁ…とすごく関心を持ちます。

 

そんないろんな業界の人達とお話ししていると、
世間一般にその業界に対して、
どのような印象を持っているのか

ということを、
知ることができます。

 

例えば、


弁護士・・・『先生という偉い人』。
工事現場での作業員・・・『熱い中寒い中大変な人』
営業・・・『人に頭を下げてかわいそうな人』
(あくまでも、私が個人的に聞いた、一般的な印象です。)

 

そして、そう思われている張本人は、
『全然そんなことないんだけどね(^^ゞ』
という感覚がほとんど。

 

私も中洲の清掃活動に参加させていただいているので、
なんとなくそんなことが分かります。

 

私は、掃除をお仕事とされている人に対して、
『大変。きつくてかわいそう。』
などという勝手な印象を持っていました。

 

でも、実際にやってみると、


自分が携わったその道がすごくキレイになるということで、
すごく崇高な気持ちになれます。
かわいそうだなんてとんでもないわけです。

 

それだけだといいんですが、

掃除をしていることで、

なんとなく冷たい視線を感じたりもします。
悲しいですが、少し見下されたような・・・

 

 

 

今日は少し遠方のお客様のところへ、
会計の数字のお話をしに出かけました。


だんだんと着実に利益が上がっているこの会社。

 

「いつもありがとうございます。
もう少し顧問料を払えるように頑張りますね(^^)」

 

すごくありがたい気持ちですよね。
温かい気持ちにさえなります。


こちらも『もっと頑張ってお役に立ちたい!』
という想いが強くなります。

 

一方、
「顧問料高いですよね・・・」
社会保険の手続きやってもらえますよね?(当然のようなお口ぶり)」
(・・・顧問料も高くないし、社会保険の手続きはこちらではやれない

(制度上の規制で)のに。)
という方もいらっしゃいます。


正直、気持ちは決してよくない。

 

そして、こんな嫌なことを言われて、
『頑張ろう!』とも思えない。

 

従業員様に対しても、
前者の経営者の方は、「いつもがんばってくれてありがとう。」
後者の経営者の方は、「使えない。給料泥棒。」
などと、本当に言うことが対照的です。

 

従業員様の士気の低下にも関わりますよね。

 

そして、

 

前者は儲かっている。
後者は下降気味。


理由は、、、明白です。

 

ありきたりな話かもしれませんが、


自分の周りの関わる人は、
みんな同じ「人間」。


自分と同じ、
血の通った、生身の人間。
感情、想いを持った人。

 

だからこそ、


どんな人とも上下なんてないわけだし、
お互いに思いやりを持っていたい。


その想いを共有できることで、愛のある行動がとれるわけで、
そのことがお互いの発展・成長につながるのです。

 

そんなことを、強く感じました。