あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

対話こそが真の利益につながる

 

「そんなこと思いよったとぉー!?」

 

先週末は、夫婦会議。

夫婦会議と言っても、我々夫婦だけでなく、他の夫婦も含めたイベント。

 

夫婦の対話を通じて、家庭の絆を深くして、しっかりした家庭を作っていくということ

が目的なのです。

 

妻との共有のクラウドカレンダーにいつの間にか予定されていた「両親学級」にビックリ(!)。

 

f:id:everydayrunchange:20170525205258j:plain

 

この中でたくさん意見を出し合って、私たち夫婦はもちろん、お父さん同士・お母さん同士でも話し合う機会がありました。


お互いの家庭のことを聞くことで、大変多くの気付きもあり、すごく貴重な時間に。

 

このイベントの講師である長廣ご夫妻が、ものすごく共感できることをおっしゃってました。

 

それは、

 

家庭を企業に喩えるなら、家庭での想いを夫婦で共有することは、企業で経営ビジョンを明確にすることと同じ。

ということ。
(少々、言い回しは違っているかもしれません(汗))

 

いかがでしょう?

私はこれを聞いてビビッときました。

 

ビジョンなき経営は、からっぽ。
「なんのために」経営をしているのか。

 

まさに、

「なんのために」家族がいて、「なんのために」一生涯を共にするのか。

 

これを明確にしていないと、企業でいえば倒産。


家庭でいえば・・・?

家庭崩壊・・・離婚…虐待…

 

このようなつらい事態を招きかねません。

 

少なからず、我々夫婦もこの機会をいただいて、対話をすることができました。

 

対話というのはおもしろいもので、相手がそんな風に考えてたのかという新たな発見はもちろんのこと、自分が発話する中で、「オレってこんなこと考えてたんだ…」と気付くことも。

 

夫婦との対話が、家庭の絆を強くして、家族が幸せになれる。

その幸せな家族である「人」が企業に入り、仕事をする。
そこでまた新たな幸せの増幅が起こり、企業が幸せになれる。

 

単純な考えですが、

幸せな家庭を築くことは、万事の幸せにつながるのではないか?


そんなことを考えました。

 

この幸せの源であるイベント。
↓↓↓どんどん拡げていってほしいものです↓↓↓

www.3522navi.com

 

さてさて、「ビジョンなき経営はからっぽ」であり、「想いなき家庭は破たんを招く」ことに繋がってしまうわけですが、

ことお金に関しても同じことが言えます。

 

 

お金に想いがあるでしょうか?


お金に何か感情があるでしょうか?

 

 

お金にそういったものがあるはずもなく、

お金はただの利用手段。
とするならば、

きちんとした目的をお金に持たせてはじめて、お金に価値が出るというもの。

 

「なんのために」その節税をするのですか?
「なんのために」、「いつ」「いくらの」お金が必要なのでしょう??

 

家庭であれば、子どもの教育資金、我々自身のための老後資金。
企業であれば、株主への利益分配、退職金準備、設備投資のための資金・・・

 

ただただ、お金がたまっていくほど残念なことはないように私は思います。
なんの感情もないお金はある意味とってもコワイもの・・・

 

結局のところ、何の目的もないお金が手元にあるがために、
ある人は詐欺にあい、
ある人は浪費をしてしまい、
ある人はただただお金を置いているだけ、


ということになってしまいます。

 

お金にも、しっかりビジョン・目的を持たせて、命を吹き込むこと。

まずはこのことこそが、何より重要。

 

この度の両親学級を通じて、経営やお金のあり方についてまで深く考えさせられるよい機会になりました。

 

 

平日夜は、ガッツリ仕事(!)
週末は相談の上、やれるだけ仕事をし、あとは家族との時間。

両親学級が終わってからの妻との会談で、そんなことが明確になってきました。

 

 


何はともあれ、妻には頭があがりません(!)

いつも家のことをやってくれて、子どもをのびのびと育ててくれているのはまさに妻。

本当にありがとうございます(!!!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・・・と、このクラウド対話でしっかりとアピールしておくことにします。