あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

『あと4日しかない』、『あと4日もある』という少しの言葉の違いがもたらす結果

【本日の業務】

・仕事納め

・公庫の方へご挨拶

・妻の誕生日のお祝い

 

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 




■今年も早いもので残すところ
 あとわずかですね。

 弊所では今日仕事納め。

 午前中は長女も巻き添えにして(笑)、
 スタッフとともに事務所内の大掃除。

 その後、ランチを兼ねて
 仕事納めとさせていただきました。

 

f:id:everydayrunchange:20191227214115j:plain




 やはり、掃除をするということは、
 名実ともに、今年中に出てきたほこりを
 取り払うという意味で、
 かなり大切ですね。

 掃除が終わった直後は、 
 本当にきれいな状況で、
 また心機一転仕事ができそうな雰囲気です。

 仕事終わりには、納会という意味も兼ねて、
 ランチを食べながらリラックスタイム。

 おいしいお料理をいただきながら、
 今年を振り返る機会というのは、
 なかなか良いものですね。

 
■スタッフも含め、一人ひとりが
 今年のことを総括するということで、

 言葉を発している自分自身を
 客観的に見ることができ、
 またそれに対するフィードバックをもらえる
 という環境も
 すごく勉強になるものです。

 そして、今日は妻の誕生日ということで、
 仕事を早めに切り上げ帰途へ。

 子どもたちそれぞれが作った作品を
 お母さんにプレゼント。

 当初サプライズする予定が、
 本人に事前予告をするというなんとも斬新な
 プロジェクトにより、

 妻による華麗な空気読みのもと、
 誕生日の式典が厳かに執り行われました。

 こういった誕生日などという
 年に一度の行事ごとは、

 このようなことがあることで、
 私自身も早めに仕事を切り上げる
 きっかけをいただくことができますし、

 子どもたちも特別な気持ちになる一方、
 妻もやはり気持ち的には嬉しいもの。


■法人や個人事業による、
 この年に一度の特別な日は、

 【決算日】

 ということができるでしょう。

 決算において大事なのは、
 税金が出るかどうかということではなく、

 本来は、
 今年度動いてきた結果が、
 当初の予定と比べてどうだったか、
 
 また今年度の動きを踏まえて、
 来年度はどのように動いていくか、
 
 さらには数年後・10年後・数十年後に
 どのようになっていたいかということを、

 改めて俯瞰する良いきっかけとなるはずです。

 
■我が家では、12月において、
 三女の誕生日・妻の誕生日・年末そして年始
 というジェットコースターのような
 行事ごとをひとつずつ越えて、

 年の終わりを突き進んでいく感覚があります。

 年度末にこのような行事が
 重なることは大変である一方、
 すごく気の引き締まるものとなりますね。

 個人事業主の方々は、もうすぐ決算。

 今年度を総括してみて、
 いかがでしたでしょうか。

 今年も残すところあと4日。

 ただ視点を変えると、

 【あと4日も】
 
 残っています。

 この4日間、再度軌道修正をし、
 修正した目標を見据えて突っ走ると、
 年末についてくる結果も
 その分変わってくるかもしれません。

 目標がないことには、
 ダラダラと日が経っていくだけ
 ということになってしまいます。

 今この残すところあとわずかの日
 だからこそ、

 再度目標を見直し、
 有意義な年末を過ごしていきたいものですね。