あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

覆面調査によるお客様の声の有用性

【本日の活動】

・顧問先とのご面談

・知り合いの美容室へ

・夕方からは家族との時間


こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 


■今日も長女を連れて、顧問先とのご面談。

 このような環境を快く受け入れてくださる
 顧問のお客様には本当に感謝ですね。

 そして、午後からは
 先日ご縁をいただいた方が経営されている
 美容室に髪を切りに行ってきました。

 少し気になっていたこの美容室。

 今日はこのことから話を続けていきたい
 と思います。


■何が気になっていたかと言うと、
 つい先日ご縁があったばかりの方なのですが、
 私に年末調整のことをいろいろと聞かれるのです。
 
 ただ、よくよく聞いてみると、
 既に契約済みの税理士はいるとのこと。

 その流れを聞いて、
 おおよその想像がついたのですが、

 税理士と契約しているにもかかわらず、
 税理士や担当者の方に話をしにくい
 という状況があるようなのです。

 「こんなことまで聞いていいんだろうか。」

 「どこまで本音で話していいんだろうか。」

 などという悩みが、
 知らず知らずに生まれていたとのこと。

 これは、私自身が税理士事務所で
 サラリーマンをしていた頃から
 本当に強く感じていたことで、

 やはり今回もこういったお話を聞いた
 ということは、
 かなり多くのケースで
 こういったことがあるということですね。


■このようなお客様
 (今回は直接のお客様ではないのですか)
 にとっての

 【真の声】

 というものは、かなり貴重なものですし、
 
 これを無視するわけには決していきません。

 今日は、先日このようなお話があった中で、
 直接いろいろ話を聞いてみたいということで、
 
 ちょうど近くで面談の予定があったため、
 立ち寄らせていただいたというわけです。

 そしてちょうどこの年の瀬に 
 髪をさっぱりしておきたいということもあり、
 いろいろとグッドタイミング(!)
 だったということもありました。

 さて、このように直接のお客様でない方
 からの同業他社に対する意見というものは
 極めて重要なもの。

 なぜなら、

 【直接の利害関係はない】ため、
 ともすれば、顧客となる可能性のある人から、
 本音という形で意見が聞けるから
 ということに他なりません。


■こういった場をいただけるとするならば、
 積極的にこのような環境を作り出し、
 意見をもらいたいもの。

 自分と全く同じ業界だけではなく、
 
 その隣接業界に対するお客様の声 
 というものも、

 そして、
 自分の業界とは一見全く関係ない業界の
 お客様の声というのも、
 
 また重要なものです。

 

f:id:everydayrunchange:20191226221120j:plain




■全く関係のない業界の話は参考にならない
 ように思うのですが、
 
 それをいったん抽象的なものとして捉え、
 それを自分の業界に当てはめるとするならば、
 
 どういった具体的な話に落とし込んでいけるか
 ということを考えることが、
 
 お客様の真の悩みを解決することにつながり、
 それがまたイノベーションにつながる
 
 ということも少なからずあります。

 ひとたび周りを見渡してみれば、
 経営のヒントがそこかしこに
 転がっているもの。

 しっかりと常にアンテナを張り巡らせて、
 いろいろな情報をキャッチする力を
 身に付けていきたいものですね。


■その後は思い切って家族との時間を
 過ごすことに。

 とはいうものの、
 仕事はかなり溜まっている状況(汗)。

 逆に言うと、
 大抵そのような状況だからこそ、
 
 思い切って休んで
 新しい風を入れる必要があるわけです。

 同じ部屋にこもっていると空気が淀んでくる
 ものであり、
 そんな中の思考というものは、
 全くもって良いものを生み出さないものです。

 そのような状況からひとまず脱するため、
 思い切って新たな風を取り込む
 という行動は

 結構重要なものであると言えます。

 日々学びですね。

 いろいろなご縁に、心より感謝です。