あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

今の時代だからこそ求められる、【リアルの接触】

【本日の業務】

・顧問先とのランチミーティング

・新規の顧問先のご面談

・夜は太鼓


こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 


■今日は、顧問のお客様と
 ランチを兼ねたご面談。

 宮崎牛のかなりおいしい焼肉を(!)
 ご馳走になりました。

 こんな風に、
 仕事を超えてランチまでご一緒
 いただけるというのは
 本当に嬉しいことですね。

 今日はこの嬉しい出来事から
 話を続けていきたいと思います。


■インターネットやSNSが普及している
 現代において、
 オンラインで相手とつながるという
 手段が用意されるようになりました。

 私自身も、顧問のお客様とのやりとりは、
 ほぼFacebookのMessengerか
 LINEか、チャットワーク。

 以前は電話やメールが中心でしたが、
 しっかりと時代の流れに乗って、
 連絡自体も効率化をしている
 というわけです。

 お客様も比較的若い世代が多いため、
 こういった連絡手段に
 抵抗はないようですね。


■ただ、ここには盲点が。

 確かに便利な手段ではあるのですが、 
 表現は文章でしか表せないため、
 感情を表すのが極めて難しいということ。

 メッセージを発信する方、受け取る方、
 それぞれにおいて異なる感情・感覚を
 持っているため、

 メッセージの受け止め方も
 人それぞれであると言えます。

 そこに誤解が生まれることも
 少なからずあるわけで、

 そのようなことから考えると、

 やはり

 【リアルな対面】

 という場が必要となってくる
 というもの。

 かく言う私自身も、 
 このリアルな対面というものに
 かなり重きを置いており、

 当初は、銀行からの融資を財源に、
 かなり多くの交際費にお金を費やしました。

 名刺交換などで1回の対面というものは
 簡単に叶うものなのですが、

 それを2回3回と積み重ねていくことが
 かなり難しいこと。

 難しいというのは、
 自分が動いていないだけということもあり、
 もう一度会いたいと思う人に対しては、
 自分から積極的にアプローチしていくべき
 でしょう。

 

f:id:everydayrunchange:20191224201408j:plain


■1回会っただけでは、
 インパクトは極めて弱く、
 これが3回まで回が進むと、
 
 相手の記憶として定着する

 ように思います。

 私自身も、
 短期間に3回会うということを決めて、
 実際に動いておりましたところ、

 現在の顧問のお客様は、
 そのようなご縁から、

 【出会って数年後にお客様となっている】

 という状況があるのです。

 私自身がそのように心がけていたこと
 であったため、
 逆にお客様の方からそういった
 おもてなしをされると、
 本当に嬉しいものですね。


■インターネットやSNSが普及している
 現代だからこそ、
 こういったリアルの対面というものに
 重きが置かれてきます。

 あなたは、今のお客様と、
 実際に対面する機会がどれだけ
 あるでしょうか。

 【リアルな対面】。

 今一度この重要性を意識して、
 お客様との信頼関係を
 考えてみてはいかがでしょうか


■今日の夜は年内最後の太鼓の練習。

 今日の今日まで参加するつもりは
 なかったのですが、
 先日参加した忘年会でメンバーと
 過ごす中で、

 本当に心温まる時間を
 過ごさせていただきました。

 そのようなメンバーと
 年内最後の太鼓。

 しっかりと想いをひとつにして、
 今年を締めくくってきたいと思います。

 リアル万歳!ですね。