あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

【気分転換】の意外と知られざる効用


【本日の業務】

・午前中は長女と事務所に出勤

・新規のお客様とのご面談

・年末調整業務

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 


■今日から長女はフリースクール
 冬休みに入ります。

 妻も仕事のため、
 自営業である私が子守をすることに。

 こういった時、
 自分の仕事というものはいいですね。

 全て自分の裁量で決めることができる。

 こういった仕事の場に長女を同席させることが
 できるというのも、大変ではある一方(笑)、

 長女にとってはとても貴重な体験
 ではないかと思う次第です。

 そしてその後は、
 新規のお客様とのご面談。

 大変うれしいご縁で、
 1月に法人設立予定のお客様との
 ご面談でした。

 すごく気さくで話しやすい方で、
 商品にかける情熱がすごくあり、
 これからしっかりとご一緒に伴走させて
 いただければと思ったところです。

 そして後半は、
 たまりにたまってきた年末調整を
 ひたすらこなすことに(汗)。

 スタッフに任せたいところではあるのですが、
 通常業務の会計の方が溜まってきており、
 当面の年末調整は私自身がさばいていくことに
 なりそうです。

 ただ、スタッフにも年末調整の経験は
 積んでもらいたいため、
 なんともそのバランスが難しい
 ところですね…


■さて、今日は長女の社会科見学…
 ではありませんが、

 通常経験することのない
 税理士としての仕事を近くで見ること
 についての重要性から
 話を続けていきたいと思います。

 以前の記事で、
 
 自分が経験したことのないことを
 経験しに行くと、
 その分野については極めて伸びしろが
 大きいというお話をさせていただきました。

 これは、経営におけるヒントをつかむためにも
 すごく重要なことと言えます。

 経営者ともなると、
 初期の頃はなかなか時間の余裕がないため、
 自分の仕事に没頭しがちではあるのですが、

 あえて他の経営者との関わりを持つ
 ということも結構重要なこと。

 結局のところ、
 自分の業界ではない業界は、
 自分の常識の範囲外のものであるため、
 自然と伸びしろが大きく、
 学び多き結果につながると言うわけです。

f:id:everydayrunchange:20191223213640j:plain




■私自身の体験ではあるのですが、
 先日飲食店の経営者様とお話しさせて
 いただいた時、
 スタッフの給与の決定方法について
 シェアしていただきました。

 そこは10円単位で
 スキルに応じて昇給をするように
 しているとのこと。

 やはり、スタッフとしても
 このスキルができればこれだけ給与がアップする
 と考えると、
 モチベーションは上がりますよね。

 これは、経営者にとっても
 メリットのあることで、

 スタッフにやってもらうべき仕事を
 可視化することができるという
 側面もあります。

 (これは、そのようなことを
 教わったわけではないのですが、
 私がそのように感じた次第。)


■このスタッフの給与の話については、
 私自身が稲妻が落ちるような
 衝撃を受けました。

 飲食業という全く違う業界
 ではあるのですが、

 これは税理士事務所にも共通して
 言えることではないかと思ったのです。

 スタッフの技術は時間をかけていかないと
 なかなか磨かれないもの。

 とするならば、

 いかに効率よくスタッフに技術と知識を
 身に付けてもらうかということが、
 何より重要でしょう。

 ほんの小さな情報ではあるのですが、
 受け取る側の姿勢次第で大きな波及効果を
 及ぼすことになるということが
 往々にしてあります。

 そのように、受け取る側として
 しっかり情報を受け入れる準備をしておく
 ということも極めて重要。

 忙しい日々ではありますが、
 経営者として何らかの変化を求めて、
 自分にとって新たな風を
 積極的に受け入れていきたいものです。