あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

【今の】お客様にワンツーパンチでインパクトを与えることの重要性とは?

【本日の活動】

・午前中は仕事

・午後からは家族との時間

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所


■今日は午前中だけ仕事をし、
 昼からは家族との時間を過ごすことに。

 うちは3人姉妹の娘なのですが、
 ちょうど今年は7歳と5歳と3歳ということで、
 七五三。

 記念に、スタジオで写真撮影をすることに
 なったというわけです。

 あろうことか、
 妻はこのようなタイミングでものもらいを
 もらってしまい、

 試合後のボクサーのような目をして
 写真撮影に臨むことに(汗)。

 ただ、これもインパクトの強い(?)
 思い出となることでしょうね。


■さて、このインパクトが強いということから
 つなげていくのですが、

 マーケティングを考えるにあたって、

 【お客様は二度評価する】

 という事実があります。

 

f:id:everydayrunchange:20191222130837j:plain

 一度目の評価は、
 商品やサービスを購入しようとする際に、

 【この人は本物かどうか】

 ということの評価。

 俗に言う集客やマーケティング
 と言われるものは、
 この一度目の評価のことを指しますね。

 そして、二度目の評価というのは、

 【この人は『本当に本物だったか』どうか】

 ということ。

 商品やサービスを買った後に、
 その後の信頼関係やフォロー等の状況によって、
 お客様の評価の目は変わってくるわけですね。


■最初の一度目の評価という壁は
 誰しもが意識するものなのですが、

 いったんお客様になっていただいた
 その後の評価というものは、
 意外とおろそかにされがち。

 ただ、
 よく考えていただきたいことなのですが、
 
 その後のお客様との信頼関係を
 強固にすることにより、

 そこからリピートとしての購入に
 つながったり、
 その信頼関係から他のお客様を
 紹介してくださるということに
 つながるわけですので、

 一人のお客様から、
 多くの収益が生まれてくるという
 流れになることが少なからずあるわけです。

 俗に言う、

 【ライフタイムバリュー】

 LTVですね。

 お客様一人当たりの、
 ライフタイムバリュー…つまり

 【生涯生産価値】

 を考えると、

 二度目の評価ほど大切なものはない
 というわけなのです。

 そういったことから考えると、
 一度お客様になっていただいた方に対して、
 インパクトの強い印象を与え、
 
 そこから信頼関係の構築ができたとしたならば、
 将来の収益性という面からすれば、
 極めて波及効果の高い結果が生まれる
 ことでしょう。


■年末が近づいてくるこの時期。

 今一度あなたの顧客リストを整理してみて、
 二度目の評価に繋げることが
 できるような動きを、 

 商品やサービスを提供する側として、
 しっかりと取れているかどうかということを
 考察してみることをお勧めいたします。