あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

【顧客の期待値】は常に上回っておくべし

【本日の活動】

・顧問先とのランチミーティング

・求人票の作成


こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 

 


■今日は決算前ということで、
 顧問先とランチを兼ねてのご面談。

 通常の面談も良いのですが、
 たまには雰囲気を変えてこのような
 ランチやディナーをご一緒して、
 いろいろな経営についてのお話を
 していくことも、なかなか良いもの。

 なるべく、普段の経営から離れた、

 【非日常的な空間】

 をあえて作ることにより、 
 普段と違った環境に身を置くことが
 強制されるため、脳の思考回路としても、
 非日常的な動きをすることになり、
 リフレッシュした環境で思考が整理されて
 くるのかもしれませんね。


■今日はそのランチミーティングの中で、 
 大変嬉しいお言葉をいただきました。

 「本当に村田さんがいなかったら
 今頃どうなっていたかわからないです。」

 「村田さんがいてくれたからこそ、
 ここまで来ることができましたよ、ホントに。」

 私としては、
 特段変わったことをしているつもりはなく、
 ただただお客様と向かい合い、
 真摯に仕事をしてきたまでなのですが、

 このようなお言葉を直接いただける
 ということは、本当に嬉しいことですね。

 別れ際には、

 「お体には本当に気をつけてくださいね。」

 本当にありがたいことですね。

 「村田さんが倒れたら、
 会計のことがわからなくなりますから!」

 …私の体を気遣ってくれたというより、
 税務や会計のことがわからなくなるから、
 という理由だったということが、
 クスっとくるところなのですが(笑)、

 このように頼っていただけるということは、
 やはり嬉しいこと。


■このようなプラスの評価をいただける
 ということは、大変ありがたいことなのですが、
 このことと同時に、
 お客様がマイナスに感じている点がないか
 ということも、しっかり意識しておく
 必要があります。

 お客様にはお客様なりの

 【期待値】

 というものがあり、
 この期待値は必ず上回っておく
 必要があるわけです。

 

f:id:everydayrunchange:20191216195843j:plain




 飲食店においては、

 【お値段に応じた美味しさ】

 といったところでしょうか。

 値段が安ければ
 『それなりの期待値』を携えて
 お客様はいらっしゃるでしょうし、

 値段が高ければ高いほどやはり
 『高い期待値』を持って
 来店されるというもの。

 そして、一番怖いのが、
 お客様の期待値を下回っている
 商品やサービスを提供しているということに、
 経営者自身が気がついていないという事実。

 これは本当に致命的ですね。

 そのお客様がお客様でなくなる
 というだけではなく、
 そういった噂は伝播していくため、
 そんなことにより経営が立ち行かなく
 なってしまうということも
 少なからずあります。

 どこかのタイミングで、
 しっかりと自分の経営の定点観測をして、
 お客様の立場に立って、
 今のあなたの商品やサービスが
 
 お客様を幸せにするものか、
 お客様の期待値を上回っているものか、

 ということを思索するべきでしょうね。


■そして、その後は全力で

 【求人票の作成】。

 ちょうど税理士試験の合格発表が
 終わった直後で、
 税理士事務所での経験者が就職活動を
 始めるこの時期。

 なんとしても、
 戦力として経験者の人材は
 確保させていただきたいもの。

 今はまだ道半ばではありますが、
 業務改革が進むにつれ、
 スタッフもすごく仕事がしやすく
 なるはずなのです。

 そんなことを求人票でもうまくPRしながら、
 良い人とのご縁につながることを祈るとともに、
 実際に行動に移していきたいところ。

 税理士事務所の経験者は、かなりの争奪戦(汗)。

 雇用というものも、

 【スタッフという未来のお客様】

 があっての動きでありますので、

 【スタッフの立場に立って】

 良い事務所となるべく、
 しっかりと精進していきたいものです。