あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

血は早いうちに止めるべし!

【本日の業務】

相続税の税務調査対応

・顧問先とのご面談

・今後のスケジュールの策定

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所



■今日はなんとも痛々しい朝のスタート。

 なんと、妻と子どもたちが出かけた後、
 少し優雅な気持ちで
 みかんを食べていたところ、 
 舌をかなり強く噛んでしまい、多量に出血…

 今までにない位の血だったため、
 本当に怖くなってしまい、
 口に入れているみかんを飲み込もうか
 出してしまおうかと、
 もはやどうでもいいことを悶々と考えながら、

 ただただ滴り落ちてくる血が止まるのを
 待ちました。

 本当に、血が止まるまではドキドキもので、
 このまま止まらなかったらどうしよう、
 意識を失うかもしれない、
 病院に行かないといけないかも…
 といったことで
 気が気ではない状態でしたね(汗)。

 結果として、無事に血は止まり
 (当たり前ではありますが)、何とか出勤。

 今のところあれからさほどの痛みは
 出ていないのですが、
 (噛んだ直後から5分ほどはかなりの激痛…)

 こういうのって翌日からくるんですよね。

 しっかりと消毒をして
 口の中を清潔に保ちたいものです。


■さて、税理士として活動している中で、
 多くの方から

 【起業に対する税務相談】

 を受けるのですが、結論として、これは

 【相談の時期が早ければ早いほど良い】

 ということになります。

 一番良いのは、

 【起業前にご相談】

 をいただくこと。

 まだスタートを切る前であれば、
 これから如何様にも進む方向を
 軌道修正していくことができます。

 ただ、スタートを切った後であれば、
 その軌道修正にも限界が。

f:id:everydayrunchange:20191213193318j:plain


■具体的な例でいくと、
 法人を設立した『後』の相談。

 一般的に税務面から言えば、
 個人事業主である程度の利益が上がってから
 法人成りするということが、
 得策となります。

 これは、法人になると個人事業主に比べ、
 格段にランニングコストが増えるためです。

 そして、個人事業主の事業の利益に
 かかってくる所得税は、
 利益が出れば出るほど高くなっていく
 傾向にあるため、

 ある程度のラインを超えた段階で
 法人にすることにより、
 その限りなく上がっていく所得税
 抑えることができるわけです。


■税務でない面から言えば、
 なかなか将来にわたって収益を生むことが
 難しいであろうと思われるビジネスモデル。

 ビジネスをいったん走らせてしまうと、
 既存のクライアントや単価設定等の面から、
 既に作られたものを変更、修正していくことは
 なかなか困難を伴うものとなってしまいます。

 こういったことについても、
 私自身が200人を超える顧問先経営者の方々と
 お会いする中で、
 大体の【経営の型】というものが
 決まっているため、
 税務外でも経営に関するアドバイス
 させていただくことができるわけなのです。


■傷が浅いうちは、
 血を止めるのも簡単なのですが、

 ひとたび深い傷が入ってしまうと、
 なかなか血が止まらないもの。

 なるべく早い段階で、
 自分自身の経験のない分野については、
 その道の専門家を頼るべきです。

 その専門家に対する報酬の支払いは
 出るものの、

 結果としてそれを上回る利益として
 返ってくるということが
 少なからずありますので。

 交通事故の場合は弁護士に依頼する、
 といったことも
 意外と知られていない常識。

 交通事故でも弁護士費用はかかるのですが、
 結果として示談交渉にそういった
 専門家が入ることにより、

 最終的に手元に入ってくる
 (残ってくる)お金が増えるというもの。


■そういったことはもちろんあるのですが、
 経営者においてやはり最重要なのは、

 【時間】。

 この時間を、専門家に依頼することにより、
 報酬という対価を支払って
 買い取ることができるというのが
 一番大きな効果ではないでしょうか。

 万人において共通なのは、

 【時間は減っていくものである】

 ということ。

 これをお金で買うことができるとするならば、
 これに勝るものはなかなかない
 と言えるでしょう。

 深く入ってしまった傷は、
 なかなか癒せないもの。

 とするならば、なるべく早い段階で止血をし、
 後遺症にならないように対処していくことが
 極めて重要です。

 今日は私の舌噛み事件を機に、
 そんなことを思い起こすこととなった次第。