あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

人生のビジョンを固めた上での投資

【本日の活動】

・銀行回り

・顧問先とのご面談

・今後の展開について思索

 

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所




■今日の朝は、ひたすら銀行回りを。

 何をやっているかと言えば、

 融資を受けるべく、
 既存銀行へのお金の積み立てと、

 新規の銀行への口座開設。

 あとは、iPhoneを変更したことにより
 インターネットバンキングが使えなくなり、

 さらにはキャッシュカードの磁気が
 弱くなっていたことから、
 そんな諸々の手続き
 (これは余談ですが)(汗)。


■融資を受けるのは、ひとえに

 【人材の確保】

 のため。

 昨日のコンサルティングでも
 話題になったことですが、

 事業を拡大していくにあたっては、
 
 【人こそが何より重要】
 
 ですね。

 もちろん、
 業種業態により例外もあるわけですが、
 私の仕事においてはやはり人こそが財産。

 今一緒に頑張ってくれているスタッフが
 みんなすごい戦力になってくれていて、
 本当に救われています。

 ただ、やはり少人数であるため、
 さばける仕事数も限られてくるわけで、
 これから顧問先を増やしていくことを考えると、
 やはり人材が必要というわけなのです。


■確かにいろいろな問題が。

 このままの状況で、
 人が増え仕事が増えたとしても、
 間違いなく中途半端になってしまい、

 スタッフを始め、顧問先にも迷惑をかけてしまう
 結果になることが目に見えています。

 これを解決するためには、
 事務所内の業務の改善化が最重要。

 ということで、
 全力で業務改善を進めている
 というわけなのです。


■業務改善が進むと…

 ・経験者でない人でも、
  ある程度の仕事ができるようになること、

 ・経験者である人は、
  顧問先との面談に専念できること、

 ・そして経営者である私自身の時間が
  かなり多く生み出せること。

 こういったことから考えると、 
 経験者でない人でも税理士事務所での
 勤務ができる、つまり、

 【雇用が生まれる機会】

 を作ることができる。

 顧問先との面談に専念できる経験者である人は、
 より税務面での知識のブラッシュアップができ、
 スキルアップが図れること。
 (従来では、経験者も事務作業をこなしていく
 ことが避けられない状況。)

 そして経営者である私に関しては、
 より多くの人の幸せに寄与するため、
 より多くの時間を投入することができる
 というもの。


■現段階では絵に描いた餅
 であるかもしれませんが、
 描かないと、決して餅は生まれません。

 まずは絵に描くことにより、
 具体的な餅を想像し、
 その美しく清らかな餅に近づくべく、
 努力していくことができるというもの。

 そして、
 
 【多くの人々の幸せに寄与する】
 
 ということは、
 
 【私の人生においての目標】
 
 でもあります。

 そういった面で、
 まず自分自身の人生の目標を明確にし、
 そこから仕事の理念につなげていくこと。

 私の仕事の延長線上に、
 多くの人の幸せという未来が見えるもの
 であるため、
 
 そうなるべく業務を効率化すべき
 ということであり、
 
 その業務の効率化の結果、
 スタッフ、顧問先、そして私自身と、
 全ての人の家族。

 このような人たちに幸せの連鎖が起こってきて、
 それがやがて大きな渦を巻き、
 その大きな渦がまた一緒になり、
 世界中がひとつになること。

 かなり壮大なように聞こえるかも
 しれないのですが、
 私が思い描いている人生の目標とは
 つまりそういうことなのです。

 

f:id:everydayrunchange:20191212202824j:plain





■…つまり今日の銀行回りというものは、
 結果として私の人生の目標である
 
 【多くの人々の幸せに寄与すること】

 ということにつながるというもの。

 人材の投入というものは、
 今の私にとって相当な先行投資であるため
 怖い面もありますが、

 将来のそういったビジョンを思い描くと、
 やはり先行してそういったリスクも
 取っていくべきなんだろうなぁと思う次第。

 しっかりと自分自身のリスク管理をしながら、
 希望に満ち溢れる未来に近づくため、
 一歩一歩日々研鑽を重ねていきたいと思います。