あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

経営において最も設けたい時間とは?

【本日の活動】

・顧問先とのご面談準備&ご面談

・夕方からは業務改革!


 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 


■あっという間に金曜日。
 経営者となると、曜日の感覚なんて
 なくなるのでなんとも怖いもの(汗)。

 とは言え、なぜかはわからないのですが、
 金曜日の夜はなんとなくウィークエンドな
 気分なのでしょうか、
 
 外食がしたくなってしまうので
 不思議なもの。

 …といっても、
 外食をするほどの時間の余裕はなく
 仕事に打ち込んでいるわけなのですが…

 ただ、今日の顧問のお客様は
 飲食のお客様でしたので、
 帰りに自分へのプチ土産
 と言うことで、
 パウンドケーキを買って帰ったところ。

 この記事を執筆し終わって、
 食べようと思います。


■さて、今日の顧問のお客様との
 話題にも挙がったことなのですが、
 やはり最終的には人だなぁ
 ということ。

 経営者にとって、
 ビジネスとして一番近い存在はスタッフ。

 とするならば、
 スタッフとの関係は最優先で良好である
 ことが必要となります。

 ただ、スタッフは経営者ではないため、
 経営者の考えとは違った
 別の考えを持って、仕事をすることに。

 これは当然のことなので、
 いかにして経営者の考えに近づけるよう、
 スタッフと意思疎通をしていくか、
 ということが極めて重要になるわけです。


■これは以前の記事にも書かせて
 いただいたことなのですが、
 スタッフに対して、

 「経営者の身になって考えて!」

 などという考えを押し付けようとする 
 経営者が少なからず
 いらっしゃるわけですが、
 これは一見合理的に見えて、

 【非常に非合理的】

 である言葉だと私は思います。

 これは、自転車に乗ったこと
 のない人に対して、

 「今すぐこの自転車に乗ってみろ!」

 と言うことと何ら変わりありません。

 スタッフは経営者の経験がないのですから、
 経営者の身になって考える
 などということ自体、
 不可能であるに決まっているわけです。

 

f:id:everydayrunchange:20191122201458p:plain



 
■そこで大切になってくるのが、

 【意識のすり合わせ】。

 スタッフに対して、
 どういう想いを持って経営をしているのか
 ということを説明し、
 
 今スタッフにやってもらっている仕事は、
 全体的に見て、
 こういったゴールがあってのことで、

 そのゴールに向かうために
 どうしても必要な仕事であるということを、
 しっかり理解してもらうべきでしょう。

 そうなると、
 いわゆる雑務と呼ばれるものでも、
 そのゴール達成に向けて考えると
 必要不可欠な仕事となり、

 そのことを知ることにより、
 スタッフがその仕事をこなす上での
 やりがいにつながる

 と言えます。


■…ここまで色々と述べさせて
 いただいたわけなのですが、

 「そんなことはわかっている!」

 などというお怒りの声が
 聞こえてきそうです…

 そう、わかってはいるんだけど、

 『経営者には時間がない(!)』。

 よくわかるんです。

 かく言う私自身が
 そうなのですから(汗)。

 いかにしてこの時間を作っていくか
 ということが、
 最重要な課題であることでしょう。

 私自身も、スタッフと意思疎通をしたい
 気持ちは山々なのですが、
 ここ最近どうしても税理士の仕事に追われ、
 ミーティングをする時間さえ
 取れていない状況。

 とは言え、
 この状況ほどまずいものはなく、

 スタッフの存在があるからこそ
 今の仕事が成り立っているわけで、
 どうにかしてこの時間を
 天引きしていかないと
 いけないわけです。

 
■ということで、
 毎日考える時間を10分から30分は
 設けたいところ。

 それに加えて、
 週に一度は30分ほどスタッフとの
 ミーティングの時間も
 作りたいものですね。

 そうしていく中で、
 経営者とスタッフお互いの想いの行き違い
 ということは
 次第に避けられていくことでしょう。

 今日の記事は、
 私自身への自戒を含めて
 (いえ、ほとんど自戒の
 意味合いとして(汗))、
 書かせていただきました。

 さぁ、早速今この瞬間に、

 【時間の天引き】

 を始めましょう(!)