あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

税金の準備、大丈夫ですか?

【本日の活動】

・ほぼ終日、顧問先の決算業務


 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 

 


■東京から戻ってきて、
 今日からまた通常業務。

 この時期は個人事業主の節税対策
 に追われます。

 正確に言えば、

 【節税対策と銀行対策】。

 今年の払う税金を抑えていきたいのか、
 それともあえて税金を払い
 銀行からの融資を取りつけるのか。

 そういった判断が必要となってくる
 この時期。

 これは特に、

 今年から税理士としての関与を
 させていただいているお客様のお話
 になるのですが、

 かなり利益が上がってきて、
 駆け込みで私との顧問契約につながる
 ことが少なからずあります。

 利益が上がってきているため、
 当然のことながら税金はガッポリ出る…

 うれしい悲鳴ではあるのですが、
 必ずしも笑っていられる状況ではなく、
 税金を払うための資金がなくなっている
 という状況が往々にしてあります。


■これは、決して
 無駄遣いをしているわけではなく、
 (場合によっては無駄遣いをしている
 こともなくはないのですが…)

 手元にお金が入ってくるため、
 それを右から左へ使ってしまっている状況。

 たとえ事業の経費であったとしても、
 お金は出て行くもの。

 事業の経費であれば、

 当然のことながら利益からマイナス
 していけるのですが、

 借金の返済になるとこれは
 
 【経費ではない】

 ので、

 利益は上がりっぱなしで
 現金だけがなくなってくる状況
 となってしまいます。

 危険なのがこの状況。

 利益は上がっているのに 
 支払う税金がない…

 そうなると銀行からの融資を
 頼らざるを得ないわけです。

f:id:everydayrunchange:20191118203320j:plain




■今年はどうにかして
 銀行からの融資で乗り切ることが
 できるかもしれないのですが、

 こういった現象には解決策があります。

 それは、

 【毎月積み立てをしておくこと】。

 つまり、大体の年間の税金の予測
 を立てて、それを12等分して
 月々の積立として
 納税資金をプールしておくと、

 急な税金が来ても、
 そこまで動じることはないわけです。

 もう11月も後半。

 今のうちに今年の大体の税金の試算と、
 来年に向けての納税資金の積立を
 しっかりと考えておく必要があります。


■現金は人間の体でいう

 【血液】

 に当たるものです。

 血液がなくなってしまうと、
 生きていくことができない。

 しっかりときれいで清らかにさらさらと
 流れていく血液を目指して、

 資金繰りを考えていきたいものですね。