あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

【時間】こそ、真っ先に買うべき対象


【本日の活動】

・業務改善のミーティング

・顧問先の決算処理

・明日の顧問先の面談準備

 

こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 


■今日は業務改善のミーティングとして、
 コンサルティングを受講。

 サポートリーダーとともに
 受講させていただいたのですが、

 毎回目からウロコ。

 やはり自分の常識は外部から見ると
 非常識なわけで、
 まだまだ知らないことばかり。

 やはりこういった知見は、
 成功している人から買うのが
 一番のショートカット。

 時間こそが有限であり、
 このようなことを自分でイチから
 調べるとするならば、何より

 【時間の浪費】

 と言えるでしょう。


■当然、このようなコンサルティング
 受けさせていただく…
 つまり、他人からの知見を求めるには 
 それなりの対価が必要ではあるのですが、

 これを時間という資源に
 置き換えて考えると、

 【どう考えてもこれに勝る買い物はない】

 と言えるわけです。

 世の中の多くのものはお金を払えば
 買えるわけですが、

 時間だけはお金の有無にかかわらず、
 確実に失われていくもの。

 そう考えると、毎日の取り組みに
 充実さを求めないわけにはいきません。

 

f:id:everydayrunchange:20191114215923j:plain


■そしてもう一つ大変勉強になったのが、
 今回採用しようとしている
 新人の方への仕事の振り方について。

 ズバリ言われたのが、

 「130%の仕事を振ってください!」

 ということ。

 何が言いたいかというと、
 新人だからといって控えめに少しずつ
 仕事を振るのではなく、

 その新人の方の力量を判断するため、
 あえて厳しく大きな仕事を任せる。

 そうすることによって
 その新人の方の本気度が試せる
 という訳なのです。

 これも私の中で

 【大きなパラダイムシフト】

 となりました。


■他の人が自らの職場に
 入ってくるということは、

 新鮮でもあり不安定でもあり、
 また改善の兆しが見える可能性も。

 いずれにせよ、
 最初から決め込むのではなく、
 
 しっかりとスタッフに向き合って、
 そのスタッフに合った対応を経営者として
 していかなければならないなぁと
 思っている次第。


■この業務改善にはスタッフの戦力が
 必要不可欠。

 正直言うとまだまだゴールは遠いのですが、

 スタッフとともに理想の未来を思い描き、
 しっかりとお客様のために
 尽力していく所存です。

 気がついたらもう22時前・・・

 時間がこのようにどんどん減っていく
 ということは恐ろしくもあり、

 時間こそ大切にしなければならない
 ということを心より痛感させられますね。