あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

【目標】と【対話】はビジネスの成否を分ける

【本日の活動】

・スタッフとミーティング

・顧問先との面談

・3人娘のお迎え

・その後歯医者へ


こんばんは。

福岡市中央区天神の【あなたの財布の見張り役】、

税理士の村田佑樹です。

福岡で税理士をお探しの方、会社設立をするなら村田佑樹税務会計事務所

 


■11月を超え、
 12月に入ると税理士試験の発表が。

 スタッフの一人が、
 この夏に税理士試験を受験しており、
 12月の合格発表が近づいているため、
 今後のことについて打ち合わせ
 をすることに。

 お盆前の受験から、
 12月の合格発表まで、

 なんとまぁ期間の長いこと…

 税理士試験は、
 この【空白の】約4ヶ月間を
 どう過ごすかということが、
 来年の合否に影響してくるもの。

 どう考えても合格しているのであれば、
 その次の科目に進むわけですし、

 どう考えても合格が厳しければ、
 同じ科目の勉強を
 続けることになります。

 一番困るのが、
 どっちつかずの状態(汗)。

 『行こか戻ろか』

 『二兎追うものは一兎をも得ず』

 などという言葉にも見られるように、

 こういった中途半端な状態は、
 行動が止まる要因でもあり、

 あえて行動してしまうと、
 やはりどっちつかずの結果
 になってしまう

 ということが
 往々にしてあります。


■さて、ここまでは
 税理士試験の話ではあるのですが、

 経営においてもこういった

 【意思決定】

 というものは
 すごく大切なものになってきます。

 では、何を基準として、
 この意思決定の判断を
 していくのでしょうか。

 これがズバリ

 【目標】

 となります。

f:id:everydayrunchange:20191107223345j:plain




■新幹線のホームに立って、
 これからどこに向かおうかと
 決めるのではなく、

 『東京に行こう!』と決めて、
 その手段として飛行機か新幹線か
 はたまた車か…という順序で
 行動を決定していくべきでしょう。

 新幹線に乗った瞬間、
 行き先はロックされて
 しまいますよね。

 【目的地】が決まったからこそ、
 その【手段】が選べるというもの。

 先に手段を選んで、
 その後に流れで目的地を決める
 ようなことは決してないはず。

 このような極端なことを言うと、
 『そりゃそうだ』となるのですが、

 こと経営の話になると、
 意外とこういった状況に
 なってしまっていることが
 少なからずあるのです。

 というより、
 (誤解を恐れずあえて言いますが)

 【ほとんどの】経営者は、
 こういった目的地を見据えることが
 できていない…

 つまり

 【目標設定ができていない】

 という状況なのです。

 (かく言う私も当初はそうでした。)


■私自身これまで
 200社以上の企業と関わってきて、
 このことは肌感覚で分かります。

 もちろん、
 私が関わらせていただいた
 中小零細企業だけのお話
 にはなりますが、

 これは事実としてあることなのです。

 目標があるからこそ、
 その瞬間の経営の意思決定が
 できるわけですし、
 
 目標がない状態で経営を進めていくと、
 あたかもひたすら回り続ける
 回転寿司のような状況…
 
 つまり何も未来に向かっての
 行動ができていない経営に
 なってしまっている
 可能性があるのです。


■そして目標を立てるのであれば、

 【できるだけ想像しうる
 限りの高い目標】

 を掲げるべき。

 その高い目標を掲げた未来に杭を打ち、
 現状とその未来の目標との
 綱引きをし続けることです。

 現在というものは
 過去が作っているため、

 過去のこれまでの自分の動きに
 現在は引っ張られています。

 一方未来の目標は、
 超絶な理想の姿に包まれているため、
 現実とかけ離れたものになっている…

 そう考えると、
 当初は当然のことながら
 過去の引力の方が圧倒的に強いため、
 
 どうしても現在が過去に負けてしまう
 
 のですが、

 未来への超絶に高い目標を
 意識し続けると、
 次第に過去の引力より
 未来引っ張られる力の方が
 強くなってくるものなのです。

 その結果、

 自ら掲げた目標を達成できる
 ということになり、
 それこそが経営の成就に
 つながることでしょう。


■先に、税理士試験に起きる

 【4ヶ月の空白期間】

 ということを
 書かせていただきましたが、

 目標設定においては
 この空白の状態…

 つまり現在と
 未来のギャップの状態を
 
 【あえて】

 作り出すことが
 極めて重要と言えます。

 こういったギャップに
 見られるような

 【健全なストレス】

 がなければ、

 惰性でビジネスをしてしまっている
 状態になってしまうもの。

 だからこそ、
 適切な目標設定が大切なのです。


■もう一つ、
 今日の出来事の中で印象的だったのが、

 自分は全然スタッフのことを
 わかっていなかったな、

 ということ。

 今後のことを話していく中で、
 そのスタッフの本当にやりたいこと
 というものを聞くことができました。

 それがまたなんとも恐ろしいことに、

 そのスタッフのやりたいことと、
 今私の事務所でやってもらっている
 仕事が完全にミスマッチ
 だったのです(滝汗)。

 私としては良かれと思って
 あえてそういうスタイルの仕事を
 してもらっていたのですが、

 それは決して

 【スタッフの本望ではなかった】

 ということ。

 毎日一緒にいるスタッフでさえ
 このような状況になって
 しまうのですから、

 お客様とのやりとりに関しても、
 もしかすると

 【大きなズレ】

 が生じている可能性があります。


■しっかりと【対話をする】こと。

 対話をすることにより
 相手との共通言語のすり合わせをし、
 ズレがほぼない状態で初めて
 具体的な行動の話をしていく。

 この順序を誤ってしまうと、
 相当な痛手を追うことに
 なってしまいます。

 現実問題、
 今日の対話はそういった意味で
 すごくすごく有意義なものでした。

 逆を言うと、
 今日の対話がなかったら、

 私とスタッフとの想いは、
 今後かなり乖離していく運命に
 あったことでしょう。

 いろんな意味で
 本当に学び多き日でした。


■そして今日は久しぶりに
 長女のフリースクールと、
 次女と三女の通う保育園へお迎えに。

 顔見るなり喜んで駆け寄ってくる
 姿を見ると、
 本当にこういった時間が
 大切なんだなぁと痛感しますね。

 いち早く業務改善を完了し、
 こういった家族との時間を
 多く持てるよう、
 しっかり頑張らないといけませんね。

 ワークライフバランスとは、
 従業員のこととして
 よく言われるものですが、

 経営者ほど

 このワークライフバランス
 壊れがち。

 まずは人生、そしてその次にビジネス。

 自分の人生があってのビジネスですので、
 しっかりと自分自身の全体を見渡して、 
 
 日々を有意義に
 過ごしていきたいものですね。