あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

生きた野菜の声を聞いたことあります?

決して、ホラーな話ではありません(汗)

突然ですが、

あなたが今感謝していることはどんなことでしょうか?

自分だったら、と考えると

☑ 家族の愛

☑ 子どもの存在

☑ 税理士の顧問のお客様

☑ スタッフ

☑ 学校の先生

☑ 何を差し置いても今生きていること

といったことかなぁと思います。

今日は怒涛の4回の面談というなんともハードなスケジュールだったのですが(汗)、
最後の面談はディナーでした(^^)

それも、以前から気になっていた、【身体のことを第一に考えられた】お料理を提供するお店。


こんな感じ↓

f:id:everydayrunchange:20190708230227j:plain

f:id:everydayrunchange:20190708230248j:plain

f:id:everydayrunchange:20190708230255j:plain




とにかく、全てのお料理に愛を感じるんです
おそらくこれは食べてみないとわからない。

 

なかでも感動したのが、お野菜の存在

まずサラダをいただいたのですが、その素材一つひとつのまぁおいしいこと(!)

一つひとつに【今ここに生きている】という力強い存在を感じるのです。

噛みしめるごとにその存在感は増し、食べ進めていくにつれ、
なんというか

「ありがとう」という不思議な感覚に見舞われました。

あまりに感動してお店の方にその気持ちを伝えたところ、
それはまた優しい笑顔で、食材への愛を語ってくれます。

そして、

生産者の我が子を想うがごとくの愛が、これらのお野菜に込められている

とのことでした。

本当にその通りで、まさに【愛】をいっぱいに感じるのですよ。

これは本当に食べてみないとわからない。


生産者からお料理を作る人、そしてそれを食す人。

全てにおいて一貫した愛を感じられます。

おそらくですが、このお料理にありつける人は清らかな方でしょう(勝手な憶測ですが・・・)

それほどの愛のあふれるものでした。


お仕事においてもこれは同じだと思うんです。

全ての仕事はほぼ例外なく、その先にお客様の存在があるもの。

そのお客様を本当に幸せにできているか?

ということを、絶えず自問自答すべきでしょう。

 

幸せに終わりがあるはずはなく、いくらでも突き詰められるはずですよね。

そんな想いで仕事をすると、きっと世界中の人が幸せになるんだろうなぁ、と思わされた今日のディナーでした。

 

・・・ただ、お食事の相手は同じ年代のオッサンだったのがちと残念(笑)

 

※※ブログ、移行しています!↓

https://muratax.com/blog/