あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

給料と給与の違い

「消費期限ってさぁ」


年末年始は出事が多く、行く先々でお土産を渡したり、お土産をいただいたり。


あまりにも多くなると、誰からいただいたものか、どこからいただいたものか・・・
失礼極まりない話ですが、これも事実。

 

そこで話題に上るのが、

賞味期限と消費期限。

 

私は何度聞いても覚えられないのですが・・・

消費期限と賞味期限:農林水産省

 

消費期限は、それを超えたら食べたらダメ。
賞味期限は、それを超えても食べれるけど、美味しくないかもよ。


てな感じでしょうか。

さて、同じような話が税務でも。

 

 

1.給料と給与の違い

 

よく聞きませんか?
そして、よく両方使ってませんか?
この二つにも違いがあります。

 


2.給料とは

 

給料とはズバリ、【基本給】のことです。
各種手当や残業代は含めないお金のことですね。


ボーナスの計算基礎となるのも、基本的にはこの基本給であることが多いです。

 


3.給与とは

 

給与とは、

基本給はもちろんのこと、各種手当や残業代、ボーナスを含めた全てのお金

を言います。
支給して与えられるすべてのもの、というイメージでしょうか。

f:id:everydayrunchange:20180115204435j:plain

年末調整や確定申告でも出てくるのは、【給与所得】
所得とは言いませんね。

 

給与・・・ということは、ボーナスも含むということ。
つまり、毎月のお給料とボーナスも含めて年末調整をしますよね。
そのようなことから【給与所得】と呼ぶのでしょう。

 

よく似ているのですが、意味は全く違うもの。

これを機に覚えておくと、飲み会の場でヒーローになれるかもしれません。

 

 


「きのうね、どうぶつえんいったよー。」

 

「きのうね、こうえんにいったよー。」

 

「きのうね、あんぱんまんむーじあむにいったよー。」

 

 

一日のうちにかなりいろんなとこ行ってるんだねー!
という方は、我が家の研究不足。

 

我が家の子どもは、

数日前、はたまた1年前のことでも「昨日」と呼びます。

 

 

 

 

こんな会話を聞いていると、消費期限や賞味期限、給料や給与のことなど、まぁどうでもいっかという気持ちになりますね(照)