あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

退職金で税金もキレイに

「お世話になりました」

 

 

今日は長女と次女の最後の保育園の日。

朝、子どもたちの寝顔を見ると、今までのいろいろな記憶がよみがえってきて、なんとも言えない気持ちに。

 

f:id:everydayrunchange:20180111215934j:plain

保育園の先生には本当に感謝ですね。

 

「お世話になりました…」

 

経営者にはとても耳の痛い(?)ことかもしれませんが、従業員からこのセリフが聞かれることも。

 

今日はそんな退職についての税金について見ていくことにします。

 

 

 

1.退職金を支払う

 

従業員の退職に当たっては、その貢献に報いるため、退職金が支払われることも多いでしょう。

退職金は、通常の給料と比べて随分税金が優遇されています。

 

 

2.どんな優遇があるか

 

まず、社会保険料がかからない、ということでしょう。

給与や賞与であれば、金額に応じて社会保険料がかかってきます。

事業主が支給する退職金には、社会保険料はかかりません。

 

そして、退職金は【退職所得】となり、所得税や住民税もかなり軽減されます。

 

こちらをご参照ください。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

 

 

終わりよければ全て良し、という言葉もありますが、しっかり従業員の努力には報いたいものですね。

 

今日は保育園の最後のお迎えにも行ってきました。

先生方や子どもたちの顔を見ると、こらえきれず涙してしまいました。

本当に長い期間お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

明日からは新しい保育園。

親子ともどもがんばっていきますよー!

 

 

 

・・・と自分に言い聞かせます(汗)