あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

利益とキャッシュのズレの原因

「なんでお金がないんだろう・・・」

 

 

先日の減価償却のお話の続き。

減価償却費は、支出のない経費なので、その減価償却費の分だけお金が残っていることになります。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

同じようなことが、他の項目にも。

 

今日は、利益とキャッシュの違いについて、もう少し掘り下げてみていくことにします。

 

 

 

1.売掛金

 

現金売上であれば、

入ってきたお金=収益

となります。

 

ところが、例えば12月中の売上が、翌年1月に入ってくることになれば、その12月の売上は、入金はされていないものの、売上としてカウントされます。

 

要は売掛金ですね。

この売掛金は、現金の入金ができていないので、

この売掛金分だけ手元の現金が利益に比べて少ない

ということになります。

 

 

2.買掛金

 

同じく、

現金仕入であれば、

支払ったお金=経費

となります。

 

ところが、例えば12月中の仕入を、翌年1月に支払うということになれば、その12月の仕入は、支払はされていないものの仕入高(経費)としてカウントされます。

 

要は買掛金。

この買掛金は、現金の支出がないので、

この買掛金分だけ手元の現金が利益に比べて多い

ということになります。

 

 

3.在庫

 

商品を仕入れたら、経費が出てきますね。

そして商品を売ったら売上が出てくる。

 

でも、

10個仕入れたものの、7個しか売れなかったらどうでしょう?

 

本当の意味での利益を考えると、7個売れたものに対する7個の仕入分だけを経費にすべきですよね。

everydayrunchange.hatenablog.com

すると、3個は在庫となります。

 

言い方を換えると、3個を仕入から抜くということになるわけです。

さらに言い換えると、仕入から抜くということは、

【利益が増える】

ということ。

 

ということは、利益が増えているにもかかわらず、現金に変動はない。

つまり、

在庫が増えた分、現金は少なくなっている

という状況になります。

 

 

このように、

売掛金と在庫が増えると現金が利益に比べ、少なくなる

・買掛金が増えると現金が利益に比べ、多くなる

ということに。

f:id:everydayrunchange:20180106124753j:plain

 

この仕組みをざっくり理解しておけば、なんとなく原因がつかめるかもしれませんね。

 

 

4.借入金

 

借入金が入ってきたときは収益とならず、借入金を返済したときも経費になりません。

ですので、

借入金が動いた分、損益は動かず現金の増減があっている

ので、これも利益とキャッシュのズレの要因です。

 

 

 

 

先日、近しい人も言ってました。

「なんか、財布の現金が少なくなっとるんよね・・・」

気のせいだろうと、勝手ながら思っていたわけですが、

なんと泥棒さんに盗られてたとのこと!!

 

こんなハプニングによっても、現金の増減はあります(滝汗)

 

 

 

 

 

こんなハプニングがないようにしないといけませんが・・・

環境づくりもしっかりと・・・ですね。