あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

利益とキャッシュの違いは・・・ここにあり!

「結局お金はあるの??」

 

 

今日から仕事初め・・・という方も多いのではないでしょうか。

12月で決算を迎えた個人事業の方。

だいたい損益は見せてますか?

 

・・・いえいえ、まだ会計の入力自体が終わってないという方がほとんどですかね。

余計なことを言うと石でも投げられそうですね(汗)

 

それはそうと、

利益が出ているけど、なんか実際に残っているお金と違うような・・・

なんてことありませんか?

 

今日は、

その基礎の基礎

利益と現金の流れの違い

について見ていくことにします。

 

 

1.基本は利益=キャッシュ

 

現金商売を例にとって考えてみましょう。

 

現金で仕入れて、現金で売る。

経費も現金で支払い、クレジットカードも使わない。

 

・・・とした場合、

利益=キャッシュ(現金)となるのは、お分かりでしょうか。

 

2.減価償却費が影のボス

 

上記のように、【基本的には】利益=キャッシュ。

 

ただ、10万円以上のモノを買った場合、これは原則として一括で経費になりません。

 

いったん【資産(経費ではない【物】)】として考えて、

これを決められた期間(【耐用年数】といいます)で、経費化していきます。

 

いわゆる減価償却ですね。

 

減価償却とは、

そのモノの値がった部分を、耐用年数で規則的に償却(経費化)する

という仕組みです。

 

例えば、100万円のモノを現金で買ったとしましょう。

 

この耐用年数が5年とすると、

 

① 利益(経費)

 100万円÷5年=20万円。

 1-5年目まで、20万円を経費にしていくことになります。(定額法の場合)

 

② キャッシュ

 1年目は100万円の支出。

 2-5年目は当然キャッシュの動きは0円ですよね。

 

このように、

10万円以上のモノを買って減価償却をしていくことになると、利益とキャッシュにズレが出てくる

わけです。

f:id:everydayrunchange:20180104185513j:plain

 

3.減価償却の分だけ

 

上記の例でみると、

1年目・・・100万円(キャッシュ)-20万円(減価償却費)=80万円。

⇒80万円、利益に比べて現金が少ない。

 

2-5年目・・・20万円の減価償却費のみで、キャッシュの動きなし。

⇒20万円、利益に比べて現金が残っている。

 

このように、

減価償却費分だけ現金の残りに差異が出る

ことが分かりますね。

 

 

 

というように、全て現金取引であっても、減価償却費分だけ利益と現金にズレが出てくるわけです。

 

言い方を換えると、このようになります。

 

手元の現金=利益+減価償却

 

減価償却費分だけ手元の現金は残りますね。

あくまでもざっくりではありますが、この仕組みはしっかり覚えておきたいもの。

 

 

 

 

先日、年末の洗車をしたのですが、

その際に洗車チケットを勧められました。

4回分ほどの洗車料金で、5回分の洗車ができるもの。

 

これ、減価償却の考えにすごく似ています。

 

チケットを買った時点で、5回分(オトクな4回分)のチケット代が出ていく。

でも、実際に使うのは、洗車するときです。

洗車でチケットを使った際に、初めて経費になるわけですね。

 

 

・・・ちなみに私は、当面の資金繰りを考えて、その都度洗車代を払うことを選びました。

資金繰りの考えとして最も優れた考え方だと自負しております(!)

 

 

 

 

・・・なんて言うとカッコいいですが、もしかするとここには二度と来ないかもしれませんからね♡

 

という、保守的な考えなだけでした。

 

 

 

 

・・・これが5回目の洗車を終えた時点で、石橋を叩いて壊す結果となったことがハッキリしてしまいます。

もしも・・・そんなことを考えるとなかなかごはんも進みませんね(汗)