あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

親子と夫婦間での家の贈与には要注意!

「家そのものは・・・アウトです。」

 

 

最近、我が家の周りには多くの家が建ち始めています。

環境も良く、交通の便もまぁまぁいいということで、この地に住みたいという人が多い様子。

 

この地に子どもも住ませたい!

という強い気持ちがあれば、家の場所はどうしても譲れませんよね。

(…と言いつつ、私は万年賃貸派なのですが(汗))

 

その子どももやがては大人になります。

親はそれに伴い高齢化。

 

となると、心配になるのが…

そう、相続の問題ですね。

 

 

1.相続を考える

 

家を親が子どもに相続させる場合、当然のことながら相続税がかかってきます。

ただ、もともと親と同居していて、その子どもがそのまま住み続ける前提で相続すれば、その家自体にかかる相続税の計算の対象となる価額は、20%まで下がります。(あくまでもざっくりですが。)

 

ただ、これがその家に住まない子どもに相続させるとなると、通常通り100%の価額で評価されます。

 

 

2.生前贈与を考える

 

その家に住み続ける子どもだと、相続税は安くすみます。

ただ、住まない子どもには高い相続税が。

 

となると、賢明な人は思うでしょう。

『相続前に贈与しちゃえばいいやん!』と。

 

確かに、相続前に贈与してしまえば、家がその子どものものになります。

 

 

3.配偶者のみの優遇規定

 

ただ、ここで注意点が。

 

家そのものを親から子へ贈与する場合、なんら優遇規定はなく、高い贈与税がかかってくることに。

 

確かに、配偶者間の家そのものの贈与であれば、2,000万円の控除が受けられる、という優遇を受けられるケースもあります。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

ただ、親子間での家の贈与には、そういった規定はないわけです。

 

ただ、住宅を取得するためにお金を親から子へ贈与した場合は、特例があります。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

 

 

特に大きなものを動かそうとする時は、くれぐれも慎重に下調べされることをお勧めいたします。

 

f:id:everydayrunchange:20171130100248p:plain

 

 

大きなものと言えば、最近事務所で書庫を買いました。

 

調子に乗って…というより何も考えずに『ひょいっ♫』と持ち上げると、『ズキっ!⚡︎』

 

またまた骨折した肩甲骨をひねってしまいました・・・

 

 

しっかり骨のある男になりたいものです(汗)