あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

あえて【業務外】の情報を出していく

「何期生ですか??」

 

今日は大学の同窓会。

運営に携わっている友人からのお誘いで参加することに。

 

年代の問わない同窓会であったため、多くの方と交流ができました。

 

時間は流れ、クイズコーナーへ。

これもまた、同じ青春時代を過ごした年代を超えた仲間と思い出のキャンパスに関するものが問題として出てきて、みんなでかなり共感を持ち、楽しませていただきました。

 

何事も、【同志】というものは本当に良いものですね。

 

なかなか、大学の同窓会に行く機会がなかったのですが、こういった共通言語がある方々との交流はかなり有意義です。

 

こういった感じだと、ビジネスにもつながりが持ちやすいかもしれません。

 

とするならば、例えば初対面の相手に対して、

自分の

出身地

出身校

趣味

家族構成

誕生日

血液型(場合によっては?)

などを積極的にお知らせすることは、かなり有用ではないでしょうか。

 

よくいろいろな方と名刺交換させていただくのですが、

社名・名前・事業内容

のみ書かれている名刺がかなり多いです。

 

もちろん、それがメインなのでそれでいいのでしょうが、

相手の印象を惹きつけるためには、より多くの情報が必要とも言えます。

f:id:everydayrunchange:20171126080422j:plain

 

 

例えば趣味など、業務外での共通点があれば、自然と話はそっちの方に流れます。

そこで相手に対する心理的な抵抗がかなりほぐれ、業務の話をする前にハードルがグッと下がってくるという理論です。(あくまでも私見ですが・・・)

 

同窓会に参加して、そんなことを思いました。

 

 

 

 

私は高校生の頃から、なぜか30代に見られたり

結婚してない時期にクレジットカードの申し込みをした際に、店員さんから勝手に

配偶者「有」へチェックを入れられたり・・・

 

その後、実際年齢や未婚のことを気まずく打ち明けると、よく「落ち着いてますねぇ~」というフォローのコメントが。

 

昨日の同窓会でも、さらに上の年齢に見られていたようです。

 

 

見た目年齢が実際の年齢を下回る日が来るのでしょうか・・・

 

 

そんなことを考えると、眠れない日が続く・・・

 

 

 

ようで、実はよく眠れてます。

 

 

 

要はどうでもいいことなのでしょうねぇぇぇ・・・