あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

さらに所得税が還付となる術

「なんかお金が戻ってきました!」

 

 

昔からの友人。

こんな時代なので、会社からは副業の許可が。

 

 

1.副業がなぜ認められる? 

 

会社が副業の許可をするということは、その会社がもしかすると危ないかも?という裏返しでもあるかもしれませんね。

 

本来、会社としては副業などせず、自社の業務に専念してもらった方がいいはずです。

 

もちろん、その会社が従業員のことを思ってそのような許可をしているケースもあるでしょうが・・・

 

 

2.副業をする場合の申告

 

サラリーマンであれば、自分の勤務する会社から年末調整をしてもらい、自分の申告・・・つまり所得税の計算は自動的に完了します。

 

ただ、サラリーマンの仕事のほかに、副業のような事業をしている場合には、誰もその実態を知りませんので、自ら確定申告をすることに。

 

これによって、税務署はその人の所得を把握していくわけです。

 

 

3.もうけは合算

 

このような副業のケースの場合、当然のことながらサラリーマンとしての所得(もうけ)と副業としての所得(もうけ)が出てきます。

このもうけは合算して、その人の自身の全体の所得を出していくことになるわけですね。

 

 

4.マイナスが出た場合

 

副業といっても、スタートはなかなかうまくいくものではありません。

万一、副業でマイナスが出た場合はどうなるのでしょう?

 

結論として、給与所得(給料部分のもうけ)から差し引くことになります。

 

ということは、

給料で年末調整が終わっていても、それをさらにマイナスするわけですので、所得税が減ってきますね。

 

となると、さらに所得税が還付される可能性が出てくるわけです。

所得税だけでなく、翌年6月あたりに通知が来る住民税も減ることになります。

 

 

 

くれぐれも、「マイナスだから申告しなかった」などということがないように、きっちり申告して無駄な税金を払わないようにしたいもの。

 

f:id:everydayrunchange:20171121204342j:plain

 

 

最近、なんだかお腹が出てきました。

歳のせいでしょう。

 

どうしても交流会などに参加していると、暴飲暴食になってしまいがち。

そんな時は、次の日の朝食を少なくしたり、食べなくしたりと、しっかり調整をしたいところ。

過食を少食で相殺してあげる感覚。

 

 

・・・でも、食に対する欲望は強く、子どもたちの食べる【なんかさん】までもうらやんで見てしまういやしいお父しゃん・・・

everydayrunchange.hatenablog.com

 

 

 

 

 

はやくオトナになりたいものです(汗)