あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

給料と贈与・・・お得なのは??

 

「こっちのが安いやん!」


10月の2泊3日の東京出張に向けて、宿を探します。
探す探す・・・出るわ出るわ・・・

f:id:everydayrunchange:20170927191627j:plain

検索の仕方で、出てくるものが随分変わってきますね。
少し取り方を間違えるだけで、場合によっては万単位の損になることも(!)
とにかく、いかにお得かをしっかり考え、慎重にいきたいものです・・・

 

というわけで、昨日の続き。

月10万円を給料でもらうか贈与とするか、という違いについて。

 

everydayrunchange.hatenablog.com

 


1.給料でもらう

 

給料でもらうと、所得税がかかってきます。
年間120万の収入。
これに対する所得税は8,500円

所得税のほか、住民税も。
住民税が17,000円(均等割りは除く)。

 

この他、国民健康保険料と場合によっては保育料も上がります。

単純な所得税と住民税だけで25,500円。

さらに、もしこの友人がご主人の扶養に入っていた場合、これによる所得税増税が8,500円。
さらに住民税の増税が12,000円。
・・・扶養に入っていた場合、扶養に入れなくなる(配偶者特別控除となる)ことで、トータルで年額46,000円の増税となります。
なかなかのもんですよね。イタイ・・・

 


2.贈与でもらう

 

贈与でもらうとしても、年間120万円。
この場合、上記税金や国保、保育料は関係せず、贈与税の対象となります。

このケースの贈与税は(暦年課税というオーソドックスな計算方法で)年額1万円
これ以外にはかかりません。

 

 

いかがでしたでしょうか?
みなさんの予想は当たりましたか?

 

このように、調整がきくものをうまく調整すると、かなりの節税効果が生まれます。
上記ケースでは差額にして36,000円(!)

 

しっかり考えていきたいものですね。

 

 

 

 


以前泊まった名古屋のホテルでは、棚ぼた的に朝食がついてました(!)
たまにプチサプライズがあったりするので、楽しいですね。

 

 

ちなみに香港の部屋にあったポテチは500円取られましたから!

everydayrunchange.hatenablog.com

 


下心には要注意・・・