あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

学びは距離に比例する②

 

「んー!せまい…!」

 

今日から東京。

香港、大阪に続きまたまた飛行機。

慣れたもので、飛行機の時間までスムーズに移動。

 

…と思いきや、余裕に構えすぎて乗り遅れそうでしたが危うくセーフ。

 慣れ過ぎにも要注意ですね(汗)

 

 
1.国内線の飛行機代

 

福岡から東京。

先日の香港ではLCCでしたが、今回は国内大手の航空会社で悠々自適。

…とはいえ、機内はやはり狭くて窮屈ですね(汗)

 さて、香港行きの飛行機は海外であることから消費税は課税対象外でした。

 今回は純粋に国内のみであることから、当然のことながら課税対象となります。

 


2.飛行機での移動

 

飛行機のメリットは移動時間が短いこと。

福岡から東京だと、1時間半程で行くことができます。

ただ、やはり席がせまい…

今まさに隣に大柄の人が座っているため、どうしても腕が当たってしまい、快適とは程遠い環境…

そして、インターネット環境がないため、メールなどができません。

 

 

 
3.できることなら新幹線

 

そのような事情から、私は移動の際は少し時間が多くかかっても新幹線にすることにしています。

新幹線は座席が割と広い。

隣の人も飛行機ほど気になりません。

 

そして、トンネルになると少し電波の状況は厳しいものの、インターネットが使えるため、メールやオンラインでの調べ事ができる。

 

 
結局のところ、大切なのは時間当たりの生産性をいかに高めることができるかでしょう。

移動を移動のまま終わらせるほど残念なことはありません。

経営者たるもの、自分自身の時間こそが何より重要なはず。

しっかり時間を活かす行動を取って行きたいものです。

 

  

今回の東京は勉強会参加のため。

せっかく東京に行くから、ということで東京の友人知人にくまなく連絡。

 

f:id:everydayrunchange:20170905134229j:plain

 

不思議なもので、距離が遠いほど、また、費用をかけるほど、何らか付加価値を見出そうとするものです。

 

 

学びは距離に比例する。

以前こんなことも書いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りの充実感とともに、忘れてはならないのがまいほーむへのおみやげ。

 

 

これを忘れてしまうと、天から地へ転げ落ちます。

 

 

おみやげを期待する子どもたちを裏切ってしまい、悲しい顔を見るほど辛いことはないわけです…

 

 

最近は出張が多いことから、子どもたちも慣れてきました。

前まではすごく寂しそうにしていたものの、ここ最近は笑顔で送り出してくれる。

 

 

「おとーしゃん、おみやげまってるねぇー。」

 

 

 

 


できることなら、純粋に父の帰りを待ってほしいものです(涙)