あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

クレジットの消費税


「入会の記念といたしまして…」

 

 

 

 


最近、ビジネス関係の用品をどうしても百貨店で買う機会が多く、金額が高くなりがち…(汗)

 

 

ということで、思い切ってクレジットカードを作りました。

 

 

 

 

 

 


1.年会費は無料

 

 

今回作ったカードの年会費は無料だったわけですが、もしこれに年会費がかかっていた場合、消費税はどうなるでしょう?

これはクレジットカード会社からサービスを受けるという明確な対価性があるので、消費税の対象となります。

 

 

 

 


2.お礼のために商品券を買ったら?

 

 

よくあるのが、得意先等へのお礼の為、商品券をプレゼントすると言うこと。

 

 

これは自分で使うものではなく、プレゼントするためのものなので、消費税は関係ないことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレジットカードは支払いを遅くすることができるということで、資金繰り的に大変メリットがあります。

また、ポイントなどもついてくるため、うまく使えばチリも積もれば…というわけで支出が軽減されるということも。

 

 

クレジットカードもうまく利用していきたいものですね。