あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

棚卸をしないでよいことも

「しっかり棚卸してますか?」

 


決算においては、誤った利益調整が取られがち。

特に、在庫調整などはもってのほかです。

 


その期はよかったとしても、後々自分の首を絞めることに。

everydayrunchange.hatenablog.com


そして、在庫といえば仕入商品のほか、様々な消耗品も。

 

everydayrunchange.hatenablog.com

 

 

 


1.貯蔵品も棚卸の対象

 

 

期末に利益調整のため切手を大量購入するなどということは、誰もが思いつきそうなもの。

こういった利益調整を防ぐために、切手等の貯蔵品もしっかり棚卸しをして、きれいな利益にしてくださいね、という考えがあります。

 

 

 
2.一定の場合は例外も

 

 

ただ、事務処理の煩雑さを防ぐため、次の場合には「棚卸をしない」という選択肢も認められます。

 

① 毎期おおむね一定量を購入すること

② 経常的に使うこと

 

例えば包装紙や段ボール、紐などは細かい作業に使ったりするもので、定期的に同じような数を買って使っていきますよね。

 

このような場合は、毎期「買ったタイミングで経費処理する」ことを要件として、経費にすることが認められます。

 

 

つまり、棚卸ししなくても良いわけですね。

 

 

 

 

 

 


棚卸しは、意外と時間を取られるもの。

このような事務作業で、本業がおろそかになってしまうとしたら、日本の経済の発展にもマイナスとなってしまいます。

 

 

許された範囲内で、しっかりとズル休みをすることも必要かもしれません。

 

f:id:everydayrunchange:20170827222352j:plain

 

 

 

 

 


ズル休みといえば、のび太くん(語弊はありますが…)。

のび太くんの特技といえば、0.93秒でどこでも寝れること。

 

この特技などは、なんとも時間を効率化し、場所を選ばず、体力も回復ができるという画期的なものですね。

 

 

経営や税務においても、のび太くん的な行動がある意味必要かもしれません。