あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

お金のないサラリーマンは今何をすべきか

「サラリーマンでも経費があるってホントなんですか?」


同じマンションに住むパパさんからいただいた質問。
サラリーマンの経費・・・って言ったらアレでしょ(!)

サラリーマンならどうすべきか、永遠のテーマですね。

 


1.サラリーマンの経費

 

最近(とは言っても少し前ですが)、ニュースでもたまに取り上げられて認知度も上がってきたのでしょうか。
【特定支出控除】というものが、サラリーマンの経費として考えられます。
詳しくは、以前の記事にて。

everydayrunchange.hatenablog.com

 

 

2.あとは医療費控除

 

サラリーマンの経費って本当にないですよね・・・
あるとすれば、一般的に医療費が10万円を超えた際に使える医療費控除でしょうか。
本当にそれくらいですね。

everydayrunchange.hatenablog.com

 


3.サラリーマンの税金は決まっている

 

サラリーマンであれば、収入は給料だけ。
給料には、「給与所得控除」という国税局が決めている経費部分があります。
要は、これ位の給料ならこの位の経費だね、ということを国が一方的に決めているわけですね。
だから、税金対策のしようがないわけです。

f:id:everydayrunchange:20170704183414j:plain

 

4.だったら・・・

 

払う税金が決まっている・・・のでしたら、どのように手を打ちましょう。
結論として、今持っているお金を殖やすしかない(!)


殖やす方法はいろいろあるでしょう。
ただ、本物の情報はなかなか手に入らないもの。
誰からの情報か、ということが何より大切です。

 

世の中皮肉なもので、お金持ちはさらにお金持ちになっていきます。
そうです。
よい情報はお金持ちにしか降りてこないのです(!)

 

自分が何かの商品を扱う営業マンだったらどうでしょう。
一般の人に商品を売っていくより、お金持ちから単発でドーン!!と契約をいただく方がはるかにラクですよね。
残念ですが、それが現実です。

 

もし自分がお金持ちでないのでしたら、どうやったらお金持ちが持っている本物の情報を手に入れるか、ということが何より重要。

私から見ると、世にあふれているいわゆる「資産運用」というものは、なかなかしっかりしたものはありません。

ただ、私はありがたいことに本物の情報をいただける環境にあります。

 

サラリーマンは特に、これから厳しくなる経済の状況を見据え、本当に手を打っていかなければなりません。


そのために今何をすべきか。
その答えを私は税理士として提供することができます。

 

あまりにも世間に誤った情報がはびこっているため、ついつい辛口になってしまいました(汗)

 


さて、今日は次女の誕生日。

 

これもサラリーマンの経費のごとく調整がきかず、かなり前から次女が決めているアンパンマンのケーキになりそうです。


イチゴのついたアンパンマンケーキが食べたいとのことを申しているわけですが、
彼女はイチゴの酸っぱさが苦手なはず。

 

どうやってこの状況を打開するかが見ものです。

 

世間にあふれている子どもとは一味違った(?)次女の動向が今晩の楽しみであります。