あなたの財布の見張り役、税理士ユーキのブログ

私たちから切って離すことができないお金、そしてその価値を表す数字。数字は操る人によっていかようにも変わっていきます。そんな数字をキレイを操り、お金のあるべき姿を税理士ユーキがお伝えします。

切手代が全て経費となるわけではない(?)

「切手が経費にならないの(!?)」


6月は4月決算の申告月。

飛び込みで来たこの法人のお客様。
申告前に手にした資料を見ていると、なにやら「通信費」に多額の出費が。

・・・50万(?)なんだろう・・・

 

1.切手代が経費にならないことも(?)

 

よくよく見てみると、この50万円、切手代である様子。
切手の他、収入印紙も4月末の決算ギリギリに買い込んで、経費にしてしまおうという考えですね。

ただ、この考えは誤っています・・・

 


2.切手も在庫となる

 

仕入れた商品を期末に棚卸して、仕入という経費から抜くように、切手も同じく棚卸をして「通信費」という経費から抜く必要があります。
こうしないと、期末に大量に買い込んで節税・・・などということが可能になってしまうため、期末で使ったものは経費から抜いてね、という考えですね。

 


3.10万円以上のものは目立つ

 

切手の棚卸は税務的にはすべきものです。
では、税務調査の現場ではどうでしょう。

税務調査での視点からすると、10万円以上の金額にはどうしても目がいきます。
(あくまでも零細企業の話ですが・・・)

単純にケタが変わるため、目立つからという理由ですね。

運動会でみんな赤い帽子なのに、一人だけ裏返して白くなってしまっているようなものです。
かなり目立つわけです。(・・・私の幼き頃です。)

f:id:everydayrunchange:20170703222646j:plain

切手の棚卸は結構面倒なもの。
この10万円という基準を目安に、棚卸するかしないかを考えるのも一つの方法かもしれません。
10万円未満だとそこまで重要性がないかなと、個人的には思います。

 

決算だからといって、やみくもにひたすら何かを買うという行動は極めて危険。
しっかり税理士に意見を求めて、慎重にお金を使ってくださいね。